• 背景色 
  • 文字サイズ 

底建網の試験操業を実施します

 この度、沿岸漁業の漁場有効利用と合理的な複合経営を検討するため、東北の日本海側において盛んに操業されている「底建網漁業」の実証試験を松江市鹿島町恵曇沖で実施することになりました。

 底建網の設置場所付近での操業・遊漁を控えて漁具の保全に御協力頂くとともに、付近を航行される際には、十分御注意下さい。

詳細は、設置位置図、漁具図(鳥瞰図平面図)、標識図を御覧下さい。

 

 

 試験操業期間:平成20年6月9日から平成21年6月8日まで

 操業場所:恵曇漁港白灯台から315度、1.7海里の位置付近

 設置統数:2ヶ統以内

 その他:最適な漁場条件、網口の方向を調査するため、指定された区域内において、設置場所、設置方向が変わることがあります。

 

 

◇底建網とは?

 小型の定置漁具ですが、漁業権等に基づく大型定置や小型定置といった一般的な定置網と違い、底びき網を海底に設置したような形態です。

 したがって、海面付近の表層には網はなく、海面には海底から立ち上げた標識(ブイ)のみが浮かんでいます。

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp