• 背景色 
  • 文字サイズ 

美味しいカシカメ出来ました!〜セイヨウハバノリの試験養殖について〜

 松江水産事務所では水産技術センター内水面浅海部とともに、セイヨウハバノリの試験養殖に取組み、島根県で初めて収穫に成功しましたのでご報告します。

 ハバノリとは、全国各地の沿岸でごくふつうにみられる海藻です。食材として全国的な流通はしていませんが、千葉県や徳島県などでは大変珍重され、正月には欠かせない食材だそうです。

 島根県、特に出雲地方沿岸部ではハバノリのことを「カシカメ」と呼び、イワノリとともに珍重されています。カシカメの板ノリは高値で取引されます。しかし、最近では高齢化等により天然物の収穫量が少なくなり、この養殖技術の確立が期待される海藻です。

 ハバノリには、ハバノリとセイヨウハバノリの2種がありますが、加工の際には厳密に区別されてないようです。そこで今回は、セイヨウハバノリの試験養殖を行いました。

磯で採集したセイヨウハバノリの写真
磯で採取したセイヨウハバノリ

 

 試験養殖の方法は次の通りです。

 春に天然のセイヨウハバノリから胞子を採取、その後、発芽した糸状体(盤状体)を増やすため、恒温室で光や温度を調整し、フラスコ内でしばらく管理します。

増殖した糸状体の写真

増殖した糸状体

 

フラスコ内で糸状体を増やしている様子の写真

フラスコ内で糸状体を増やしている様子

 海面で養殖するためには、この糸状体をのり網に付着させる必要があります。そこで、恒温室から取り出し細断した糸状体を、のり網を収容した水槽で管理します。その後、糸状体から葉状体が確認できたら、海面での管理に移行します。

のり網を入れた水槽で管理する様子の写真
水槽で管理中ののり網の様子

のり網に付着した糸状体と葉状体の写真

のり網に付着した糸状体と葉状体(緑円部)

 海面にのり網を設置して40日目のセイヨウハバノリです。場所ムラがありますが、大きく生長しました。

海面で生長したセイヨウハバノリの写真
海面で生長したセイヨウハバノリ

収穫したセイヨウハバノリの写真
収穫したセイヨウハバノリ

 後日、収穫したセイヨウハバノリを板ノリに加工し、地元関係者の皆さまに試食していただきましした。試食した方々からは、「味・香りとも十分」、「すぐにでも商品になる」との高評価をいただきました。

板ノリに加工したセイヨウハバノリの写真

板ノリに加工したセイヨウハバノリ

品評する様子の写真

品評する様子(JF平田支所にて)

 今回の取組みでセイヨウハバノリの養殖技術確立に向けて、弾みのつく結果を得ることができました。今後も地元関係者とともに、さらに取組みを進めたいと思います。


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp