• 背景色 
  • 文字サイズ 

美保関町における活〆さわらの出荷について

 漁業協同組合JFしまね(美保関支所・境港支所、以下JFしまねと略)は、平成20年10月から島根県松江水産事務所(以下水産事務所と略)と連携して高鮮度処理を施した活〆さわらを出荷します。

 

○美保関町におけるサワラ高品質化の取り組み

 島根県東部に位置する松江市美保関町では、美保湾周辺を漁場とするさわら釣が盛んですが、特に近年は漁獲量が増加しています。

そのため、JFしまねと水産事務所は、このさわらを沿岸漁業の重要魚種として位置づけ、消費者に安全・安心・新鮮な魚を提供すべく鮮度処理等の改善により付加価値向上を図る取り組みを推進しています。

平成19年度には、船上での活〆・血抜き等、品質向上につながる作業項目をマニュアル化しました。このマニュアルによって処理されたさわらは、身割れがない鮮度が良いさばいた時の身の色がきれい等、品質の優位性が確認されました。

今シーズンは、さらなる品質向上規格の徹底を図るため、漁業者による共同出荷JFしまねによる一元販売を行い、鮮度が良くおいしいさわらを消費者に供給します。

 

○島根県美保関産活〆さわらとは

1.対象魚:曳縄釣で漁獲された2.0kg以上のさわら

2.特徴:

 鮮度に優れています

 漁獲後直ちに活〆・血抜き処理された後、低水温の水氷で適切に保冷されたものだけを厳選しています。

 身割れしません

 釣り上げてから箱詰めされるまで、ていねいな取り扱いに細心の注意を払っています。

 

活〆サワラ

 

3.生産者:島根県松江市美保関町福浦地区漁業者10名

4.出荷開始予定日:平成20年10月3日(金)※10月4日(土)各中央卸売市場販売

5・水揚げ時間:14:00から

6.水揚げ場所:松江市美保関町福浦港

対象魚の箱には両側にこのシール貼付

出荷開始日、水揚げ時間は海況、漁模様により変更の場合があります

また、出漁の確認は前日16:00までにお願いします。

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp