• 背景色 
  • 文字サイズ 

岡山市場で好評の「美保関産活〆サワラ」、出荷スタート!!

漁業協同組合JFしまね美保関支所・境港支所(以下JFしまねと略)は、平成20年10月から高鮮度処理をした「美保関産活〆サワラ」の出荷を開始しました。

 

 島根県東部に位置する松江市美保関町では、美保湾を漁場とするサワラ釣漁業が盛んであり、近年漁獲量が増加傾向にあります。そこで、島根県ではサワラを沿岸漁業の重要魚種と位置づけ、JFしまねや松江市と連携し、消費地ニーズにマッチした商品づくり(漁獲直後の活〆や冷海水漬け、規格統一等)や流通の合理化(直接出荷による経費削減・流通時間の短縮)などに取り組んできました。

昨年度、このサワラを「美保関産活〆サワラ」として、サワラの一大消費地である岡山市場に出荷しました。岡山市場担当者からは、「鮮度や身の締まり具合は非常によく、日本海産サワラのなかではトップクラス」との評価を受け、その品質の高さが認められています。

今年度の初出荷は10月1日に行われました。出荷数量は12箱とやや少なかったですが、これからがサワラ漁の最盛期であり、今後の豊漁に期待したいところです。

 

3kg台のサワラを丁寧に計量する様子漁業者が協力して箱立て作業を行なう様子

 

施氷前の荷姿初日の出荷分(12箱)

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp