• 背景色 
  • 文字サイズ 

活〆勉強会を開催しました!

 平成22年4月28日に、活〆(脊髄〆)の技術習得と効果を実感するために、JFしまね松江魚市場の協力のもと、活〆の勉強会を開催しました。

 

 

勉強会の様子

活〆に使用した道具。

活〆に使用する道具の写真道具を使用している様子の写真

血抜きの後、脊髄(神経)を破壊することで、魚の鮮度をより長く保つことが出来ます。

血抜きの様子の写真延髄を破壊している様子の写真

 

 

結果(処理後8時間経過)

活〆したマダイ

しっかり血抜きしてあるため、身の色がきれいです。触ると身に弾力があり、もちもちしていました。切り身もきれいな色をしています。

活〆したマダイの写真活〆したマダイのズーム写真活〆したマダイの切り身

 

 

活〆しなかったマダイ

血抜きをしていないため、身に血が滲んでいます。活〆したマダイと比べて、身に弾力が感じられませんでした。こちらの切り身は生臭さが強いように感じられました。

活〆しなかったマダイの写真活〆しなかったマダイのズーム写真活〆しなかったマダイの切り身の写真

地元だけでなく、遠方のみなさんにも島根のおいしい魚を味わってもらえるよう、様々な取り組みを試行錯誤中です。

ご協力いただいたJFしまね松江魚市場の皆さん、ありがとうございました。


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp