• 背景色 
  • 文字サイズ 

出雲市・鷺浦地区でワカメの本養殖を開始しました!

 昨年度、15年ぶりにワカメ養殖を再開した出雲市・鷺浦地区で、ワカメの本養殖が開始されました。昨年度は試験的な取り組みでしたので養殖ロープが50mと短かったのですが、今年度は1000mにまで規模を拡大しています。漁業者の方々も、ワカメ養殖を鷺浦地区の新たな産業にしようと気合十分です。

 鷺浦地区でのワカメ養殖は、春〜秋にかけてフリー配偶体技術を用いて種糸の陸上管理を行い、秋〜春にかけて種糸を海に沖出ししての本養殖を行ないます。今年度は11月19〜20日にかけて、養殖ロープに種糸を直接巻きつける沖出し作業を行ないました。やや波がある中での船上作業でしたが、漁業者の方々は丁寧に作業をされていました。

 ワカメの幼芽はまだ目に見えないほど小さなサイズですが、今後は太陽光と日本海の天然栄養分により大きく育まれていくことになります。来年二月以降の収穫期には、大きく成長したワカメを収穫できることが期待されます。

 

 春から管理されてきたワカメ養殖用種糸種糸を巻きつける作業

 

 船上で協力して作業を行なう漁師さん

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp