• 背景色 
  • 文字サイズ 

ヒラメの放流を行いました!

 平成23年6月13日・14日に松江市の古浦海水浴場にて、市内の小学生(島根小学校30名・恵曇小学校27名・城北小学校108名)にヒラメの放流体験をしてもらいました。

 

小学生の皆さん

島根小学校の皆さん

 

小学生の皆さん

恵曇小学校の皆さん

 

城北小学校の皆さん_1城北小学校の皆さん_2城北小学校の皆さん_3

城北小学校の皆さん

 

 

放流の前に、水産振興協会から栽培漁業の意義および概要等について説明を聞きました。さらに、説明の後のクイズでおさらいをしました。

 

栽培漁業について説明を受ける児童たちの写真

栽培漁業について説明を受ける児童達

 

クイズに挑戦する児童たちの写真

栽培漁業に関する3択クイズに挑戦する児童達

 

 

 いよいよ放流です。「大きくなーれ!」の掛け声で、波打ち際から一斉に放流を行いました。海に放たれたヒラメはすぐに潜砂(砂にもぐること)し、身を隠します。

 

ヒラメ放流の様子_1ヒラメ放流の様子_2

ヒラメ放流の様子

 

潜砂したヒラメの写真

砂にもぐって隠れているヒラメ(黒く見える部分は全てヒラメ)

 

 

 今年度、出雲地区ではおよそ20万尾のヒラメ種苗の中間育成を行いました。今回放流したヒラメ稚魚は、4月から恵曇漁港で中間育成されており、4月には全長約4cmだったヒラメの稚魚は、大きいもので2ヶ月の間で10cm以上にまで成長しました。

 

4月のヒラメ稚魚の写真

4月時点のヒラメ稚魚(全長約4cm)

 

6月のヒラメ稚魚の写真

今回放流したヒラメ稚魚(全長約10cm)

 今回の放流体験を通して、小学生のみなさんに栽培漁業について理解と関心を深めてもらえたのではないかと思います。

皆さんお疲れ様でした。

 

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp