• 背景色 
  • 文字サイズ 

加藤議員

(問)障がい者雇用について

1.最近5ヶ年度の特別支援学校高等部の卒業者数と生徒の進路状況、卒業までに進路指導等どのような支援をしているのか伺う。

 

(答)教育長

1.まず特別支援学校高等部の卒業者数でありますが、平成24年度193人、平成25年度166人、平成26年度201人、平成27年度160人、平成28年度178人であります。

 卒業生の進路状況について、平成28年度の卒業生でみてみますと、一般企業に就職した者が48人、割合で27%であります。障がい福祉サービス事業所などの利用者が115人、割合で65%であります。その他進学や職業訓練など、これが15名となっております。

 そして、進路指導などについてでありますが、特別支援学校では、生徒の自立と社会参加を図るため、職業教育を充実させるとともに、生徒一人一人の希望に応じた進路指導、職場開拓といった就業支援を進めております。

 具体的には、ハローワークや島根障害者職業センター、障害者就業・生活支援センターなど関係機関と連携いたしまして、まず本人の進路希望、そして職場実習などでの評価も踏まえながら、生徒・保護者と話し合いを進めまして、進路決定につなげております。

 また、就労後におきましても、職場定着に向けて、校内での支援会議を引き続き開催するなどきめ細かな支援に努めてきております。

 


お問い合わせ先

島根県教育委員会

このホームページに関するお問い合せは

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
TEL 0852-22-6250
FAX 0852-22-5400
kyousou@pref.shimane.lg.jp