• 背景色 
  • 文字サイズ 

大田圏域働く人の健康づくり講座を開催しました

セミナータイトル大田圏域地域職域連携推進協議会では、働く人の健康づくりを進めることを目的に平成26年度健康づくり講座を開催しました。

 現在大田圏域では、40歳以上で歯を失う人が多く、進行した歯周炎の有病率が依然高い状況です。

 このことから、今年度は、働き盛りの人に歯と口腔の健康づくりや食の大切さに関心を持っていただくため、噛むことの大切さと歯周病が全身の様々な病気と関わっていること、職場健診も含めた職場ぐるみでの取組の大切さについてお話ししていただきました。

 当日は関係者も含め47名のみなさまに御参加いただき、うち27名のみなさまには歯周病唾液検査(通常1,080円)を無料で体験いただきました!

 参加者からは「職場での歯科健診の重要性を感じた。痛くなってからの治療では遅いと思える。」「早産などにも影響があることを初めて知った。」との声も聞かれ、有意義な講座となりました。

 

日時・会場

  • 平成26年12月4日(木)14:00〜16:00
  • あすてら3階研修室

(島根県大田市大田町大田イ236-1JR大田市駅西隣))

参加者

大田市・邑智郡の企業の事業主、衛生管理者、労働衛生担当責任者、従業員、

保健師・看護師、地域保健等関係等47名

内容

開会あいさつ

(出雲労働基準監督八木勝也署長)

 本日は多数御参加いただき、主催者を代表してお礼を申し上げます。

 さて、厚生労働省をはじめ重点的に推進すべき対策として、労働災害の根絶と労働衛生の推進があります。ただ残念ながら昨年度も腰痛や熱中症をはじめ多数の職業性疾病により休業者が発生しました。

 私が4月に着任してからも、毎日のようにじん肺や心労疾患等により治療や休業を要する労災申請があります。働く人全てが笑顔で過ごせるようにしていきたいと思います。

 少子高齢化により定年が伸び、高齢者も現役で働くために若い時から健康づくりについて勉強することが重要です。本日の講演を参考に、職場の健康づくりに知識を生かしていただくよう祈念しています。

講演「歯周病と全身のかかわり」

講師:島根県歯科医師地域保健部常任委深石直

 本日は、働く世代から急増する歯周病について、また最近は、歯周病が全身の様々な病気と関連があると言われていますので、その関わりについてもお話できればと思います。

 食べることは、生きる上で非常に大切で、口腔は、その最初の入り口であり、大変重要な場所です。しっかり口から食事を摂取できることは、健康維持につながり、仕事をするうえでも非常に重要です。

 今日の講演で、少しでもご自身の口腔内に関心を持っていいただき、できるだけ長く自分の歯で食事を楽しむことができ、健康の増進につながればと思います。

【主な内容】

・歯を失う最大の原因は歯周病。歯と歯の周りの構造、歯周病の進行。歯周病の原因。

・歯周病の検査方法(歯周病唾液検査)。歯周病の治療の流れ。

・歯周病と糖尿病、たばこ、薬の副作用、誤嚥性肺炎、心血管系疾患、低体重児出産等。

・歯の本数と食べられるものの関係。定期的に歯科受診しましょう。

 

職場で取り組もう!「まめで!いきいき3分体操」

参加者全員で体操を実践しました「まめで!いきいき3分体操」とは、大田圏域オリジナルの3分間体操で、ちょうど2年前の「H24働く人の健康づくり講座」でお披露目をしました。この体操は大田市のNPO法人しまねコーチズと県央保健所との協働事業により作成したものです。参加者全員で体操を実践しました〜座って肩こりリフレッシュ編〜

 同じ姿勢で長時間働くような仕事の場合、肩こりや腰痛になりやすくなります。既にラジオ体操など取り入れておられる場合は良いですが、特に何も取り組んでおられない事業所は、この3分間体操がおすすめです。たった3分でもしっかり体をストレッチすれば、かなりすっきりするでしょう。良い仕事のためには良い休憩が必要です。忙しい時こそ体をほぐして頭をすっきりさせましょう。職場ぐるみで取り組むことで、職員の健康アップと仕事の効率アップが見込めるはずです。

 職場でやってみよう!と思われたら…DVD・CD貸出ページをご覧ください。

各種情報提供

  • 出雲労働基準監督署…労働安全衛生法の改正内容他展示コーナーでの健康づくり情報提供

 (化学物質リスクアセスメント、ストレスチェックの実施、受動喫煙防止対策など)

  • 島根産業保健総合支援センター…センターの業務紹介他

 (メンタルヘルス対策の支援、産業保健活動の支援など)

  • 県央保健所健康増進課…各種出前講座や健康づくり情報の提供

(がん検診啓発協力事業所、たばこの煙のない施設登録、ロコモ予防、お口の健口歯ッピー講座など)

 

※当日は、会場後方に展示コーナーを設け、適正アルコール量の啓発物品やタールサンプル、各種啓発チラシ等の様々な健康づくり情報を提供しました。

 

歯周病唾液検査の実施

 職場健診への導入を検討いただくため、希望される方を対象に歯周病唾液検査を無料で実施しました。

歯周病唾液検査について(健康推進課のページへリンク)

 

 ガムを噛んで唾液を出す5分間を利用して、事業所からの事前アンケート結果をお知らせしました。

事前アンケート結果(PDFファイル:347KB)※対象256事業所のうち、回答56事業所

 回答いただいた事業所のうち、メンタルヘルスへの取組があると回答された事業所は、46.4%でした。

 また、県環境保健公社で歯周病唾液検査を実施していることについては、67.9%の事業所が知らないと回答されていました。

閉会あいさつ

(県央保健所長崎所長)※「崎」はたつさき

 本日はお忙しい中、働く人の健康づくり講座を受講いただき、ありがとうございました。

 現在、働き盛り世代の8割が歯周病と言われており、今回実施した歯周病唾液検査をきっかけに事業所での取組が進むことを期待しています。

 喫煙も歯周病の危険因子であり、自覚がないので定期健診が重要です。

 歯周病は全身への影響が大きく、歯を失うだけでなく肺炎を引き起こすこともあり、予防が大切です。この講座をきっかけに職場での口腔ケアに取り組んでいただきたいと思います。

参加者アンケート

 参加者の方々からアンケートにご協力いただき、研修内容についての評価や職務に役立ったかどうか、今後希望するテーマなどについてご回答いただきました。今後、さらにより良い講座とするために活用いたします。ありがとうございました。

 なお、詳しい結果内容は、アンケート結果(PDFファイル:266KB)をご覧ください。

主催

大田圏域地域職域連携推進協議会・島根産業保健総合支援センター

〈大田圏域地域職域連携推進協議会構成機関〉

大田市医師会、邑智郡医師会、大田市歯科医師会、邑智郡歯科医師会、大田商工会議所、銀の道商工会、川本町商工会、美郷町商工会、邑南町商工会、島根産業保健総合支援センター、出雲労働基準監督署、浜田労働基準監督署、全国健康保険協会島根支部、島根県環境保健公社、島根県厚生農業協同組合連合会、株式会社イワミ村田製作所、東幸建設株式会社、大田市、川本町、美郷町、邑南町、県央保健所

講座に関するお問い合わせ

    県央保健所健康増進課

    電話:0854−84−982FAX:0854−84−9830

     

    【健康増進課のページに戻ります】


                      お問い合わせ先

                      県央保健所

                      〒694-0041 島根県大田市長久町長久ハ7-1
                      TEL:0854-84-9800
                      FAX:0854-84-9819
                      kenou-hc@pref.shimane.lg.jp