島根県からのお願い

夏休み期間中の帰省と旅行について島根県からのお願い(令和3年8月4日)

 7月26日に、「夏休み期間中の帰省について島根県からのお願い」をさせて頂きましたが、その後の全国的な感染の急拡大を踏まえ、県民の皆様に、追加してお願いさせて頂きます。

 

 

1.県外からの帰省については、控えて頂くよう、ご家族やご親戚の方にお伝えください。

 また、県外への帰省と旅行についても、控えてください。

 

2.以上の内容につきましては、やむを得ない仕事(通勤を含む)や、転勤、就職活動、葬儀・法要、看病・介護、成人式などでの帰省と旅行については、控えて頂く必要はありません。

 また、すでに予約しているチケットなどのキャンセル料を負担してまで、取りやめて頂く必要はありません。

 

3.やむを得ず、ご家族やご親戚の方が帰省される場合には、出発前の2週間は、感染リスクが高まる、飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった「5つの場面」に注意するとともに、「三つの密」の回避、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの手指衛生など、「基本的な感染対策」を徹底して頂くよう、お願いします。

 

 また、帰省され、実家等で生活を共にされる場合には、家庭でできる感染予防対策、

(1)会話をする時は自宅でもマスクを着用

(2)ドアノブや電気のスイッチなど手で触れる共用部分の消毒

(3)石けんでのこまめな手洗いやアルコール消毒

(4)窓を開けておくなど定期的な換気

(5)寝室を分ける

(6)洗面所等のタオルやコップを共有しない

(7)大皿の料理を避け、食器や箸等を共用しない

などを徹底してください。

 なお、自宅での感染予防対策の徹底が難しい場合には、宿泊について、近隣のホテルや旅館の利用も検討してください。

 

4.飲食店等の利用については、

(1)県内では、県外の方との飲食は控えて頂くこととしております。長期間帰省されるご家族やご親戚、友人の方との利用については、2週間経過するまでは、控えてください。

(2)県外からご家族やご親戚の方が自宅に帰省された方、あるいは、県外の実家等に帰省された方は、2週間が経過するまでは、利用を控えてください。

(3)特に、「接待を伴う飲食店」の県外の方との利用は、厳に慎んでください。

(4)また、カラオケを利用する場合も、同様の考え方のもと、感染対策に十分に注意してください。

(5)やむを得ない理由で県外へ旅行され、県外で飲食店等を利用する場合は、県外の方との飲食は控えてください。

 また、県外での「接待を伴う飲食店」の利用については、厳に控えてください。

 

5.ワクチン接種後も決して油断せず、マスク着用や手洗いなど、感染防止対策を徹底してください。

 また、発熱や風邪等の症状がある方は、外出を控え、すみやかに、かかりつけ医、又はしまね新型コロナウイルス感染症「健康相談コールセンター」に連絡のうえ、できるだけ早く医療機関を受診してください。

 

 いずれも、予定されていた家族の団らんの機会等を制限する内容であり、大変心苦しいお願いではありますが、東京都が過去最高の感染者数を更新し、全国の感染者数も過去最高を更新しているさなかであり、最大級の注意、自粛が求められているという環境にあることを十分にご理解頂きまして、引き続き、県民の皆様にご協力をお願いします。

県民の皆様へのお願い(令和3年7月31日)

 7月30日に、緊急事態措置を実施すべき期間及び区域が変更され、また、まん延防止等重点措置を実施すべき期間及び区域についても変更され、併せて、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針が変更されたことから、県民の皆様に、以下のとおり要請します。

 

 要請の期間は、令和3年8月31日までとします。

 

1.都道府県をまたぐ移動について

(1)緊急事態措置を実施すべき区域である、埼玉県千葉県東京都神奈川県大阪府及び沖縄県との往来を控えてください。

(2)まん延防止等重点措置を実施すべき区域である、北海道石川県京都府兵庫県及び福岡県との往来も控えてください。

(3)7月29日に外出自粛を西部地区から県内全域に拡大されました鳥取県、そして宮城県福島県愛知県宮崎県などのように、都道府県が住民に対して不要不急の外出自粛や、県境を越えた不要不急の移動の自粛を要請している地域との往来については、慎重に判断してください。特に、発熱等の症状がある場合は、往来を控えてください。

(4)やむを得ない仕事や、転勤、就職活動、葬儀、看病・介護などでの往来は、発熱等の症状がある場合を除き、控えて頂く必要はありません。

 

2.基本的な感染対策の徹底について

 家庭や職場での感染を防ぐため、感染リスクが高まる「5つの場面(飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)」に注意し、引き続き、

 

(1)「三つの密」の回避

(2)「人と人との距離の確保」

(3)「マスクの着用」

(4)「手洗いなどの手指衛生」など、

 基本的な感染対策に取り組むようお願いします。

 

 単身赴任中のご家族など、自宅等に県外から帰県された方がいる場合には、家庭でできる感染予防対策、

(1)会話をする時は自宅でもマスクを着用

(2)ドアノブや電気のスイッチなど手で触れる共用部分の消毒

(3)石けんでのこまめな手洗いやアルコール消毒

(4)窓を開けておくなど定期的な換気

(5)寝室を分ける

(6)洗面所等のタオルやコップを共有しない

(7)大皿の料理を避け、食器や箸等を共用しない

などを徹底するようお願いします。

 

3.職場等での健康管理について

 発熱や風邪等の症状がある方は、仕事や学校を休み、外出を控え、すみやかに、かかりつけ医、又はしまね新型コロナウイルス感染症「健康相談コールセンター」に連絡のうえ、医療機関をできるだけ早く受診してください。

 各職場においても、職員の体調がすぐれない場合は、すみやかに医療機関への受診を促すなど、健康管理を徹底してください。

 

4.飲食店の利用について

 飲食店等の利用について、各店舗において感染拡大防止対策を徹底してもらうこと、県民の皆様にも、そうした対策が徹底された店舗を利用して頂くことを前提として、次の内容をお願いします。

 

(1)「県外の方との飲食」は、引き続き、ノンアルコールの場合を含め、県内でも県外でも、控えてください。

(2)飲食の際の人数を、12人以下とし、県外の方と飲食された方や、県外の方の自宅で宿泊をされた方、県外からご家族やご親戚の方が自宅に帰省された方は、2週間経過するまでは参加を控えてください。

(3)時間については、複数の店舗を利用する場合も含めて、合計で2時間を限度としてください。

(4)「接待を伴う飲食店」については、引き続き、

 1.県外での利用を控えてください

 2.県内でも、県外の方との利用を控えてください

(5)カラオケの利用が可能な店舗等では、マスクの着用やマイク、リモコン等の消毒、歌唱にあたっては十分な距離を確保するなど、感染防止対策を徹底して、これらのルールを守ってください

 

 ただし、いずれの事項も、「鳥取県」と、生活(通勤、買物等)圏域に属する「広島県・山口県」の一部の地域については、県内と同様に取り扱うこととします。

 なお、「県外の方との飲食」については、7月20日に開催した対策本部会議において、それまでは、県内と同様に取り扱うこととしていた鳥取県を、米子市内の一部区域の飲食店等への営業時間短縮要請がされている期間(現時点では8月3日まで)は、例外的に県外として扱うこととしております。

 引き続き、県外の方との飲食につきましては、さまざまな制限をお願いしておりますので、徹底した遵守をお願いします。

 

5.十分な換気の実施について

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点で、適切な室内環境(温度、湿度等)を維持しつつ、十分な換気を行うようお願いします。

 

6.業種ごとのガイドライン遵守について

 事業者におかれては、感染拡大防止のため、各業界団体が主体となり、業種ごとに実施すべき基本的事項を整理した「感染拡大予防ガイドライン」を、再度ご確認の上、実践頂きますようお願いします。

 

7.イベント開催の目安について

 イベント開催の目安については、別紙の「島根県の対応」により、対応をお願いします。

 

8.接触確認アプリの活用について

 厚生労働省が提供している接触確認アプリ(COCOA)を、感染拡大防止のため、積極的にインストールし、活用をお願いします。

 

9.事業所での接触低減の取組について

 事業所においては、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減する取組を行ってください。

 

10.誹謗中傷や差別の防止について

 感染した方やその関係者などに対する、インターネットやSNS上での誹謗中傷、うわさ話などは、厳に慎んで頂くようお願いします。

そして、県や市町村などの公的機関が発信している情報に基づき、人権に配慮した冷静な行動をとるようお願いします。

 

 島根県内でも、これまで感染者が発生した店舗や、関連する店舗のうち、不特定多数の利用者がおられる店舗については、店舗のご理解、ご協力を頂いた上で、店名を公表させて頂き、感染のおそれがある方に呼びかけを行い、幅広くPCR検査等を実施して、感染拡大を防ぐことができています。

 

 これは店舗を経営されている方にとりましては、店名公表によります風評被害や、売上の減少が避けられないことを覚悟の上で、県民の皆様に感染が拡大しないように、ご協力、ご理解を頂いた結果であります。

 

 そういった店舗に対しての、誹謗中傷や心無い言動は、結果として感染拡大を助長させる行為と等しいものであり、厳に控えて頂きますよう、お願いします。

 

11.夏休み期間中の帰省について

 この他に、7月26日に、夏休み期間中の帰省は、県外からの帰省や県外への帰省を控えて頂くようお願いしておりますが、改めてご協力をお願いします。

 

 県としましては、全国の感染状況等を注視し、国や他の都道府県、医療機関、市町村等と十分に連携しながら、感染拡大防止、医療提供体制の確保、そしてワクチン接種の円滑な推進、地域経済の回復に全力で取り組んでまいりますので、引き続き、県民の皆様のご理解とご協力を重ねてお願いします。

夏休み期間中の帰省について島根県からのお願い(令和3年7月26日)

 夏休み期間中に、県外への帰省を検討されている方も多いと思います。また、県外からの帰省者を迎える準備を検討されている方もいらっしゃると思います。

 5月の大型連休の後、島根県ではコロナウイルスの感染者が増加し、5月には、189人の感染者が確認され、

一時、入院患者数が103人まで増加し、医療提供体制に大きな負荷がかかりました。

 4月から5月の連休中までの感染者の多くは、県外からの帰省や県外の移動歴を有する方など、

県外由来による感染に関連したものであり、連休明け以降の感染拡大につながったものとも思われます。

 7月に入り、全国では、首都圏を中心に新型コロナウイルス感染症の急拡大が続いており、その影響で、県内でも、すでに入院患者数が100人を超えるなど、

感染が拡大しており、その多くが県外由来によるものと考えられます。

 県としましては、希望する県民の方々にワクチン接種が行き渡るまで、これ以上感染者が増え、医療提供体制に負荷がかかることをできるだけ抑えたいと考えております。

 

 このため、この期間中、県民の皆様に次の点をお願いします。

 

1.県外からの帰省については、控えて頂くよう、ご家族やご親戚の方にお伝えください。

 また、県外への帰省についても、控えてください。

 

2.以上の内容につきましては、就職活動や法要、看病・介護、成人式などを伴う、やむを得ない帰省については、控えて頂く必要はありません。

 また、すでに予約しているチケットなどのキャンセル料を負担してまで、取りやめて頂く必要はありません。

 

3.やむを得ず、ご家族やご親戚の方が帰省される場合には、出発前の2週間は、感染リスクが高まる、飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、

 マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった「5つの場面」に注意するとともに、「3つの密」の回避、人と人との距離の確保、

 マスクの着用、手洗いなどの手指衛生など、「基本的な感染対策」を徹底して頂くよう、お願いします。
 

 また、帰省され、実家等で生活を共にされる場合には、家庭でできる感染予防対策、

(1)会話をする時は自宅でもマスクを着用
(2)ドアノブや電気のスイッチなど手で触れる共用部分の消毒
(3)石けんでのこまめな手洗いやアルコール消毒
(4)窓を開けておくなど定期的な換気
(5)寝室を分ける
(6)洗面所等のタオルやコップを共有しない
(7)大皿の料理を避け、食器や箸等を共用しない

 などを徹底してください。

 なお、自宅での感染予防対策の徹底が難しい場合には、宿泊について、近隣のホテルや旅館の利用も検討してください。

 

4.飲食店等の利用については、

(1)県外の方との飲食は控えていただくこととしております。長期間帰省されるご家族やご親戚、友人の方との利用については、2週間経過するまでは、控えてください。

(2)県外からご家族やご親戚の方が自宅に帰省された方、あるいは、県外の実家等に帰省された方は、2週間が経過するまでは、利用を控えてください。

(3)特に、「接待を伴う飲食店」の県外の方との利用は、同様の考え方のもと、厳に慎んでください。

(4)また、カラオケを利用する場合も、同様の考え方のもと、感染対策に十分に注意してください。

 

 これらの内容につきましては、ご親戚、ご家族と触れ合う貴重な機会を制限する内容であり、

大変心苦しいお願いですが、感染拡大防止のために、県民の皆様には、引き続き、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

県民の皆様へのお願い(令和3年7月20日)

鳥取県西部地区において、新型コロナウイルスの感染が拡大したことに伴い、鳥取県が、7月21日から8月3日まで、米子市内の一部の飲食店等に営業時間短縮要請を行うこととされたことなどを踏まえ、県民の皆様に、これまでの要請事項に加えて、次のことを要請します。

 

要請の期間は、令和3年8月22日までとします。

 

1.都道府県をまたぐ移動について

 

(1)鳥取県が不要不急の外出自粛を要請している鳥取県西部地区との往来については、慎重に判断してください。

(2)ただし、やむを得ない仕事(通勤を含む)や、転勤、就職活動、葬儀、看病・介護などでの往来は、発熱等の症状がある場合を除き、控えて頂く必要はありません。

 

2.飲食店等の利用について

これまで、「県外の方との飲食」について、鳥取県は、県内と同様に取り扱うこととしておりましたが、同県が飲食店等に営業時間短縮要請を行うことを踏まえ、

7月21日から8月3日までは、「鳥取県」を例外的に県外として扱うこととしますので、県外の方との飲食の制限事項が適用されることとなります。

 

県としましては、県民の皆様にご不便をおかけする内容ではありますが、隣県であり往来が多い鳥取県で感染が拡大している状況を踏まえ、

より慎重な対応が必要だと判断し、以上のような内容をお願いさせていただきますので、県民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

県民の皆様へのお願い(令和3年7月9日)

7月8日に、緊急事態措置を実施すべき期間及び区域が変更され、また、まん延防止等重点措置を実施すべき期間及び区域についても変更され、

併せて、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針が変更されたことから、県民の皆様に、以下のとおり要請します。


要請の期間は、令和3年8月22日までとします。

 

1.都道府県をまたぐ移動について

 

(1)・緊急事態措置を実施すべき区域である、東京都及び沖縄県との往来を控えてください。

 

 ・まん延防止等重点措置を実施すべき区域である、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府との往来を控えてください。

 

 ・この他に、宮城県、愛知県、京都府などのように、都道府県が住民に対して不要不急の外出自粛や、

 県境を越えた不要不急の移動の自粛を要請している地域との往来については、慎重に判断してください。

 

(2)特に、発熱等の症状がある場合は、往来を控えてください。

 

(3)やむを得ない仕事や、転勤、就職活動、葬儀、看病・介護などでの往来は、発熱等の症状がある場合を除き、控えていただく必要はありません。


2.基本的な感染対策の徹底について

 感染リスクが高まる「5つの場面(飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)」に注意し、引き続き、

 

(1)「三つの密」の回避

(2)「人と人との距離の確保」

(3)「マスクの着用」

(4)「手洗いなどの手指衛生」など、

 基本的な感染対策に取り組むようお願いします。

 

 また、単身赴任中のご家族など、自宅等に県外から帰県された方がいる場合には、家庭でできる感染予防対策、

(1)会話をする時は自宅でもマスクを着用
(2)ドアノブや電気のスイッチなど手で触れる共用部分の消毒
(3)石けんでのこまめな手洗いやアルコール消毒
(4)窓を開けておくなど定期的な換気
(5)寝室を分ける
(6)洗面所等のタオルやコップを共有しない
(7)大皿の料理を避け、食器や箸等を共用しない
などを徹底するようお願いします。

 

3.職場等での健康管理について

 発熱や風邪等の症状がある場合は、仕事や学校は休み、外出を控え、すみやかに、かかりつけ医、又は「健康相談コールセンター」に連絡のうえ、医療機関をできるだけ早く受診してください。

 各職場においても、職員の体調がすぐれない場合は、すみやかに医療機関への受診を促すなど、健康管理を徹底してください。

 

4.飲食店の利用について

 各店舗において感染拡大防止対策を徹底していただくこと、県民の皆様にも、そうした対策が徹底された店舗を利用していただくことを前提として、次の内容をお願いします。

 

(1)「県外の方との飲食」は、引き続きノンアルコールの場合を含め、県内でも県外でも控えてください。
(2)飲食の際の人数を、12人以下とし、県外の方と飲食された方や、県外の方の自宅で宿泊をされた方、県外からご家族やご親戚の方が自宅に帰省された方は、2週間経過するまでは参加を控えてください
(3)時間については、複数の店舗を利用する場合も含めて、合計で2時間を限度としてください。
(4)「接待を伴う飲食店」については、引き続き「県外での利用」及び「県内での、県外の方との利用」を控えてください。

(5)カラオケの利用が可能な店舗等では、マスクの着用やマイク、リモコン等の消毒、歌唱にあたっては十分な距離を確保するなど、感染防止対策を徹底して、これらのルールを守ってください。

 

 ただし、いずれの事項も、「鳥取県(全域)」及び生活(通勤、買物等)圏域に属する「広島県・山口県」の一部の地域については、県内と同様に取り扱うこととします。

 

5.十分な換気の実施

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点で、適切な室内環境(温度、湿度等)を維持しつつ、十分な換気を行うようお願いします。

 

6.業種ごとのガイドライン遵守

 事業者におかれては、感染拡大防止のため、各業界団体が主体となり、業種ごとに実施すべき基本的事項を整理した「感染拡大予防ガイドライン」を、再度ご確認の上、実践頂きますようお願いします。

 

7.イベント開催の目安

 別紙の「島根県の対応」により、対応をお願いします。

 

8.接触確認アプリの活用

 厚生労働省が提供している接触確認アプリ(COCOA)を、感染拡大防止のため、積極的にインストールし、活用をお願いします。

 

9.事業所での接触低減の取組

 事業所においては、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など、人との接触を低減する取組を行ってください。

 

10.誹謗中傷や差別の防止について

 感染した方やその関係者などに対する、インターネットやSNS上での誹謗中傷、うわさ話などは、厳に慎んで頂くようお願いします。
そして、県や市町村などの公的機関が発信している情報に基づき、人権に配慮した冷静な行動をとるよう、お願いします。


島根県内でも、これまで感染者が発生した店舗や、関連する店舗のうち、不特定多数の利用者がおられる店舗については、店舗のご理解、ご協力を頂いた上で、店名を公表させて頂き、感染のおそれがある方に呼びかけを行い、幅広くPCR検査等を実施して、感染拡大を防ぐことができています。


これは店舗を経営されている方にとりましては、店名公表によります風評被害や、売上の減少が避けられないことを覚悟の上で、県民の皆様に感染が拡大しないように、ご協力、ご理解を頂いた結果であります。


そういった店舗に対しての、誹謗中傷や心無い言動は、結果として感染拡大を助長させる行為と等しいものであり、厳に控えて頂きますよう、お願いします。

 

 県としましては、全国の感染状況等を注視し、国や他の都道府県、医療機関、市町村等と十分に連携しながら、感染拡大防止、医療提供体制の確保、ワクチン接種の推進、地域経済の回復に全力で取り組んでまいりますので、引き続き、県民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

県民の皆様へのお願い(令和3年7月1日からの飲食店の利用について)

(4~6月の状況)
3月下旬からの、いわゆる、第四波の全国的な感染拡大は、島根県にも影響を及ぼし、4月から5月にかけて、感染者が急増し、4月には65人、5月には189人が報告されました。

そのほとんどは、変異ウイルスのアルファ株(英国型)によるものでした。

4月から5月の連休中までの感染者の多くは、県外からの帰省や県外への移動歴を有する者など、県外由来による感染及び陽性者との接触に関連したものでした。

また、5月の連休明け以降は、カラオケ喫茶やカラオケのできる接待を伴う飲食店を中心としたクラスターの発生等により、多数の感染者が報告されました。

一方で、6月に入ってからは、散発的な発生に留まり、昨日までのところで、11人の感染者が報告されるのみで、第四波の流行は、島根県内においては、ほぼ収まっている状況と考えております。

 

(飲食店の利用方法)
このような状況を鑑みますと、注意事項をきちんと守って頂きながら飲食店を利用して頂いても、大きな感染拡大を招くことにはならないと考えております。

このため、島根県では、飲食店の利用について、各店舗において感染拡大防止対策を徹底してもらうこと、県民の皆様にも、そうした店舗を利用して頂くことを前提として、

明日、7月1日より、

 

・飲食の際の人数を、12人以下に

・時間については、複数の店舗を利用する場合も含めて、合計で2時間を限度とし、

 

人数、時間ともに拡大いたします。

 

これに伴って、以下の事項について、従来以上に厳守していただくようお願いします。

 

(1)「県外の方との飲食」は、ノンアルコールの場合を含め、県内でも県外でも、控えること。
(2)県外の方と飲食された方や、県外の方の自宅で宿泊をされた方、県外からご家族やご親戚の方が自宅に帰省された方は、2週間経過するまでは参加を控えて頂くこと。
(3)「接待を伴う飲食店」については、
・県外での利用を控えること
・県内でも、県外の方との利用を控えること
(4)カラオケの利用が可能な店舗等では、マスクの着用やマイク、リモコン等の消毒、歌唱にあたっては十分な距離を確保するなど、感染防止対策を徹底すること。

 

なお、鳥取県と、生活(通勤、買物等)圏域に属する広島県・山口県の地域については、県内と同様に取り扱うこととします。
これらの内容については、今後の感染の状況によって、適宜、見直していきたいと考えています。

 

(飲食店における感染防止対策の徹底)
同時に、飲食店の皆様には、県民の皆様が安心して飲食ができるよう、再度「感染拡大予防ガイドライン」をご確認のうえ、従来以上に感染防止対策を徹底して頂くことを、改めて、強くお願いさせていただきます。

 

感染された方などに対する偏見や差別防止のお願い

 感染した方や、その関係者などに対するインターネットやSNSでの誹謗中傷、うわさ話などは、厳に慎んでください。

 感染した方は厚生労働省が定める退院基準を満たした場合に退院します。PCR検査を行わない場合も含めて、退院後の活動の制限はありません。

 人権に配慮した冷静な行動をとっていただくことが、感染の早期発見や接触者の把握に繋がり、広く県民の皆様の感染防止にも繋がります。

 

 →新型コロナウイルス感染症に関連した人権侵害の窓口相談を開設しています。

 詳しくは「新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について」をごらんください。

介護や障がい福祉サービスに従事する皆さんへ、県民の方からのメッセージ

 介護や障がい福祉サービスに従事する皆さんへ、県民の方から寄せられたメッセージをお届けします

 

 


新型コロナウイルス感染症に関する情報(ポータルサイト)へ戻る

 

お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室
TEL:0852-22-6896・6902
ワクチンに関すること:0852-22-6175・6176
MAIL:kansen2@pref.shimane.lg.jp

企業広告
ページの先頭へ戻る