• 背景色 
  • 文字サイズ 

北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応について(平成29年11月29日)

 「北朝鮮は、本日午前3時18分頃、北朝鮮西岸の平城(ピョンソン)付近から1発の弾道ミサイルを東方向に発射した模様です。詳細については現在分析中ですが、発射された弾道ミサイルは、約53分飛翔し、午前4時11分頃、青森県西方約250kmの日本海(我が国の排他的経済水域(EEZ)内)に落下したものと推定されます。飛翔距離は約1,000km、また最高高度は4,000kmを大きく超えると推定されます。」と政府から情報提供がありました。

 島根県では政府からの情報等を市町村及び関係機関等に連絡するとともに、島根県関連の漁船、水産練習船(神海丸)に被害が無いことを確認しました。また、島根原子力発電所についても異常が無いことを確認しました。

 

 

会議

島根県危機管理連絡会議(外部サイト)

日時:平成29年11月29日(水)8:30~

場所:島根県庁6階防災センター室

 

弾道ミサイル落下時の行動等について

弾道ミサイルが落下した際の行動についてはこちらをご覧ください

弾道ミサイル落下時の行動等について

 

 

国民保護関係リンク集


お問い合わせ先

防災危機管理課

島根県防災部防災危機管理課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
電話 0852-22-5111(県庁代表)
   0852-22-6353
FAX 0852-22-5930
e-mail: bosai-kikikanri@pref.shimane.lg.jp