令和4年春季全国火災予防運動

 

 令和4年3月1日から一週間、全国一斉に春の火災予防運動が実施されます。

目的

 

 火災予防運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、県民の皆様一人ひとりに火災予防の意識を高めていただくことにより、火災の発生を防止し、火災から大切ないのちと財産を守ることを目的としています。

 

実施期間

 

 令和4年3月1日(火)から3月7日(月)までの7日間

 

全国統一防火標語

 

「おうち時間家族で点検火の始末」

 

住宅の防火対策について

 

 以下の4つの習慣と6つの対策で住宅火災を防ぎましょう。

 

住宅防火いのちを守る10のポイント

 

○4つの習慣

・寝たばこは絶対にしない、させない。

・ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。

・こんろを使うときは火のそばを離れない。

・コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く。

 

○6つの対策

・火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。

・火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する。

・火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する。

・火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく。

・お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。

・防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。

 

(参考)

住宅用火災警報器について(外部サイト)

防炎品について(外部サイト)

住宅防火対策推進協議会ホームページ(外部サイト)

 

住宅用火災警報器の維持管理について

 

 住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の劣化や電池切れなどにより、火災を感知しなくなることがあります。

 いざというときに警報音が鳴らないことがないよう、この機会に作動確認を行いましょう。

 

○作動確認方法

 作動確認は、ボタンを押して(ひもがついているタイプはひもを引いて)行います。

 正常であれば警報音が鳴りますが、作動確認をしても反応がない場合は、故障か電池切れが疑われますので、本体または電池を交換しましょう。

 なお、電池切れの場合も、設置から10年以上経過した機器については、電子部品が劣化して火災を感知しなくなる可能性がありますので、本体の交換をお勧めします。

 

 ※故障か電池切れか分からない場合は、取扱説明書を確認するか、メーカーにお問い合わせください。

 

 

 作動確認の様子 

 

島根県の火災の状況

 

○火災の発生件数

 令和2年1月から12月までの間に島根県内で発生した火災は269件で、前の年と比較して2件減少しました。

 火災の種別ごとの件数は、建物火災119件(前年比5件減少)、林野火災40件(同6件増加)、その他の火災は110件(同1件増加)でした。

 また、火災による死者数は7名(前年比3名減少)、負傷者数は27名(同1名減少)でした。

○火災の出火原因

 令和2年中に島根県内で発生した火災の主な出火原因は以下のとおりです。

 火の取り扱いには十分注意し、この機会に身の回りを点検しましょう。

1位:たき火(68件)

2位:火入れ(33件)

3位:こんろ(20件)

※総出火件数269件、原因不明・その他を除く

火災予防運動期間中の行事案内

 

 火災予防運動期間中、島根県内の各消防本部では防火パレードなど、様々な行事が催される予定です。

 ※感染症防止の観点から、行事が中止、延長又は規模縮小されている場合があります。

 行事の実施状況・予定については、各消防本部にお問い合わせください。

 

 ・令和4年春季全国火災予防運動期間中の行事予定

 ・大田市ホームページ(外部サイト)

 ・益田広域消防本部ホームページ(外部サイト)

お問い合わせ先

消防総務課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県防災部消防総務課 
【危険物、ガス、火薬】
  〇総務保安グループ 0852-22-5887/5888
【火災予防、防災ヘリコプター、消防学校】
  〇消防グループ   0852-22-5884/6260
【防災行政無線、消防救急無線】
  〇防災通信グループ 0852-22-5889/5890
FAX      0852-22-5930 
E-MAIL   shobo-somu@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る