地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況について

 地方公営企業の経営にあたっては、自らの判断と責任に基づき、公営企業の経営健全化等に不断に取り組むことが必要であり、その前提として、まず現在公営企業が行っている事業そのものの意義、提供しているサービス自体の必要性について検証を行い、その結果、事業に意義、必要性がないと判断された場合には、速やかに、廃止等を行うべきであり、事業の継続、サービスの提供自体は必要と判断された場合であっても、採算性の判断を行い、完全民営化、民間企業への事業譲渡等について検討することが求められています。
 また、「経済財政運営と改革の基本方針2015」(平成27年6月30日閣議決定)において、「公営企業については、計画期間内に廃止・民営化や広域的な連携等も含めた抜本的な改革の検討を更に進め、経営戦略の策定等を通じ、経営基盤強化と財政マネジメントの向上を図る」こととされています。
 これらの趣旨を踏まえ、公営企業の抜本的な改革の検討を推進していく必要があることから、市区町村等における現在までの取組状況を把握するため調査を行いました。

 

調査要領

○調査対象団体

 市区町村及び市区町村が加入する企業団・一部事務組合

○調査対象

 平成16年度から平成27年度に実施した取組

○取組項目(用語の定義

 1.事業廃止   5.PFI

 2.民営化・民間譲渡 6.指定管理者制度

 3.地方独立行政法人 7.包括的民間委託

 4.広域化・広域連携 (参考)その他の民間活用

 

各団体の取組状況

平成28年度調査

 

お問い合わせ先

市町村課

島根県地域振興部市町村課 〒690-8501 島根県松江市殿町1番地(県庁本庁舎4階)
電話 0852−22−5063  FAX 0852−22−5200 e-mail shichoson@pref.shimane.lg.jp

企業広告
ページの先頭へ戻る