• 背景色 
  • 文字サイズ 

すくすく元気キッズ

子育てに役立つ情報が満載!フリーペーパ「KOtoHITO」を発行


A4版カラー8ページのフリーペーパー。保育園や幼稚園を通じて配布しているほか、県内のこっころ協賛店、子育て支援センター、児童館などに置いています。
A4版カラー8ページのフリーペーパー。
保育園や幼稚園を通じて配布しているほか、県内のこっころ協賛店、子育て支援センター、児童館などに置いています。


島根県では、子育てに役立つ情報をお届けするため、子育て応援情報誌「KOtoHITO(コトヒト)」を発行しています。
子育て中のママやパパが知りたい情報を、毎号特集で掲載。9月に発行した第1号では、「ひな先生の簡単お料理教室〜お鍋いっぱいのラタトゥイユ〜」を紹介しました。
「野菜がたくさんとれて嬉しい♪」「すごく美味しそうなので参考になりました」などの感想をいただき、とても好評でした。
また、こっころパスポート(妊娠中の方及び18歳までのお子様がいる家庭に交付)を提示すると、ポイント付加や割引などのサービスが受けられる「こっころ協賛店」も紹介しています。
こちらも「写真付きでわかりやすい」「知らなかったお店がたくさん」と、好評です。
その他にも子育て支援に取り組んでいる「こっころ隊」や赤ちゃんのおむつ換えや授乳ができるスペース「赤ちゃんほっとルーム」の情報などを掲載しています。
コトヒトというタイトルは公募によって決定しました。
「子どもはたくさんの人の中で育つ」という言葉からイメージされ、地域や家庭で子どもたちを見守り、育て、支えようという思いが込められています。
子育て中は何かとストレスを抱え、家に閉じこもりがちですが、コトヒトを読んで気分転換をしたり、新しいお店を発見して、出かけてみてはいかがでしょう。
コトヒトは12月、3月にも発行する予定にしており、今後もみなさんに役立つ情報を提供していきます。プレゼント付きの読者アンケートも実施していますので、みなさんの声をお寄せください。
また、表紙を飾る子どもや家族の写真も募集していますので、ご応募お待ちしています。

●応募方法
1.写真の簡単な説明2.住所3.氏名4.性別5.年齢6.電話番号7.コトヒトの感想などを記入して、メールまたは郵送(写真はL版カラープリント)でお送りください。
Vol.3の応募締め切りは1月末です。

応募・お問い合わせ先
青少年家庭課少子化対策推進室
TEL0852・22・5302
Mailshosi-taisaku@pref.shimane.lg.jp
〒690-8501松江市殿町1

おすすめの本司書のリレー紹介

「モギちいさな焼きもの師」
リンダ・スー・パーク=著片岡しのぶ=訳(あすなろ書房)

 

隠岐の島町図書館司書住田美津子(すみたみつこ)さんの写真
隠岐の島町図書館司書住田美津子(すみたみつこ)さん

 

 

アメリカで、最も優れた児童図書の作家に贈られるニューベリー賞を2002年度に受賞し、2004年度には、青少年読書感想文の課題図書(中学校の部)に選ばれた、いわばお墨付きの本です。
でも、もちろんどんな賞をとったところで、自分がおもしろいと思わないと意味がありません。
私は、初め表紙の印象でなんとなく「読まず嫌い」でしたが、読んでみると、思ったのと全く違い寝るのも忘れるくらいのおもしろさ!
私と同じように「読まず嫌い」かもしれない中高生に向けて、時には大人にも、いつもオススメする本です。
物語は、12世紀の朝鮮半島が舞台。みなしごの主人公・モギは焼きものに魅了され、村の名焼きもの師ミンに弟子入りします。
ある日、王室の役人がミンの作品を気に入り、宮廷に届けるようお達しがありました。
無事に宮廷へ届けられれば、大好きな親方のミンには一生の仕事と名誉が与えられるはず…そう思い、村から歩いて何日もかかるその旅の役目を果たすことになりますが、
旅の途中で、もうあきらめたくなるような事に遭遇します。
悔しさと絶望の淵にあっても、かすかな希望を見いだし、勇気ある行動に移すモギ。
読んでいくうち、まるでモギの隣で励まし、応援し、一緒に気持ちを分かち合っているかのような気になります。
そして、いつしか自分まで成長している?そう感じる方も多いのではないでしょうか。

 


隠岐の島町図書館
住所隠岐の島町西町吉田の二17番地1
休館日毎週月曜日・第3日曜日・祝日(日曜日の場合は開館)(祝日が月曜、第3日曜日と重なった場合は翌日休館)
お問い合わせ先TEL08512・2・2341


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp