• 背景色 
  • 文字サイズ 

医師を呼ぶ助ける育てる


3本柱のしまねの医師確保対策


県民が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、県では「現役の医師を呼ぶ」「島根で働く医師を助ける」「将来の医師を育てる」の3本柱で、医師確保対策に取り組んでいます。
さらに、医療機能の強化など地域の医療課題の解決を図るため、「島根県地域医療再生計画」を策定し、平成25年度まで集中的に各種施策を展開しています。


島根で働く医師を育てる


●地域医療をテーマにした授業(小学生・中学生対象)
●医療現場体験セミナー(中学生・高校生対象)
●医学生や研修医のための貸付金制度
●島根大学への寄附講座設置
●「しまね地域医療支援センター」による若手医師のキャリア形成支援


島根で働く医師を助ける


●「しまね医療情報ネットワーク」の整備
●ドクターヘリ・防災ヘリによる地域医療支援
●医療機関における勤務環境の改善支援
●専門医・指導医資格取得の支援
●へき地代診医派遣制度


島根で働く医師を呼ぶ


●赤ひげバンク(医療従事者無料職業紹介所)
●積極的な出張面談
●地域医療視察ツアー


全県規模の医療ネットワークを構築島根で働く医師を「助けます」


島根県は、県内の病院や診療所、行政(保健所)などの医療関係機関をつないだ『しまね医療情報ネットワーク(愛称・まめネット)』を平成25年1月(※)から稼働させました。
『まめネット』は、国のガイドラインに準拠した高いセキュリティーに守られた安全なネットワークで、県全域で稼働するのは全国で初めてです。
『まめネット』で相互につながった医療関係機関では、診療情報など各種情報を共有することにより、病院間、病院と診療所、診療所間など様々な医療関係機関の連携促進につながります。
『まめネット』でつながった医療機関では、患者さんの同意の下、診療に必要な場合に他の医療機関の診療情報を閲覧することができ、より正確な診断や安全な処置、医療の質の向上につながります。
診療情報は、『まめネット』に参加した医療機関であっても、患者さんが同意しないと閲覧することはできません。
県民の皆様には、より安全、安心な医療サービスにつながる『まめネット』への参加同意に御協力をお願いします。

(※)ネットワークの参加医療機関は、医療機関内のネットワーク環境等の整備を行いながら、平成25年1月以降に順次拡大する予定です。
(※)ネットワークの整備・運営は、「NPO法人しまね医療情報ネットワーク協会」が行っています。

同意済であることを証明するためにカードを発行しています

まめネットの利用の流れ


1.参加医療機関の窓口に参加同意書を提出してください。同意済証(カード)が発行されます。

2.受診の際には参加医療機関に同意済証(カード)を提示してください。

3.医療機関ごとにご自身の医療情報の閲覧の同意書を提出してください。


しまね医療情報ネットワーク(愛称・まめネット)

ふるさと教育で地域医療をテーマにした授業がスタート

島根で働く医師を育てます。

 

「わあ、すごい」「体のことがよく分かる」。
松江赤十字病院で行われた地域医療をテーマにした「ふるさと教育」の課外授業。
PET/CT(*)で撮影された人体の画像に、松江市立大野小学校の児童は目を輝かせました。
県は平成17年度から、県内全ての公立小中学校を対象に「ふるさと教育」を実施しています。
「ふるさと教育」は地域の自然、歴史、文化、伝統行事、産業といった地域資源を教育に活かし、ふるさとに愛着と誇りを持ち、心豊かでたくましく、明日の島根を担う子どもを育むことが目的です。
平成24年度からは、この「ふるさと教育」で「地域医療」をテーマにした授業を始めました。
これは、島根県の地域医療の実情と課題を知り、ふるさとの将来に自分が果たすべき役割について考えることを目的としています。
DVD教材や書籍を活用した授業、医療従事者による講演や医療現場の見学、学習発表会での発表などを通して地域医療に関する学習を進めています。
また、こうした学校での取組みが家庭や地域にも広がり、地域医療への関心や地元の医療を守ろうとする思いがより一層深まることを、期待しています。
現在、県内の公立小中学校のうち、約4割の学校が「地域医療」をテーマにした授業に取り組んでいます。
このほか、中学生や高校生向けに「医療現場体験セミナー」などを開催し、小さい頃から切れ目なく医療に触れる機会を設けています。
なお、医学生に向けては、島根大学に設置した地域医療支援学講座(寄附講座)等により支援し、医師となられた方には、
島根大学、医療機関、医師会、行政などが連携して設置した「しまね地域医療支援センター」によりオールしまねで支援しています。

 

(※)PET/CT検査・・・微量の放射線を出す物質が含まれた検査薬を静脈から注射し、全身にがんの病巣があるかどうかを画像で確認する検査です。


PET/CTを興味深そうに見学する大野小学校の児童の写真=松江赤十字病院
PET/CTを興味深そうに見学する大野小学校の児童=松江赤十字病院

医師に質問する児童の写真=松江赤十字病院
医師に質問する児童=松江赤十字病院

香川幸司医師の話を聞く児童の写真=大野小学校
香川幸司医師の話を聞く児童=大野小学校

学習発表会で発表する児童の写真=大野小学校
学習発表会で発表する児童=大野小学校


お問い合わせ先
医療政策課TEL0852・22・6682

ふるさと教育のお問い合わせ先
社会教育課TEL0852・22・5429


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp