• 背景色 
  • 文字サイズ 

特集1「神話博しまね」いよいよ開幕

「神話博しまね」いよいよ開幕ロゴ画像

開催期間:7/21(土)〜11/11(日)主会場:出雲大社周辺
※古代出雲歴史博物館は、文化財保全集中作業のため、8/21(火)、9/18(火)、10/16(火)は休館します。

日本最古の歴史書「古事記」の編さん1300年を記念した観光キャンペーン「神々の国しまね〜古事記1300年〜」のメインイベント「神話博しまね」が、7月21日に開幕します。
出雲市大社町の県立古代出雲歴史博物館前の特設会場で多彩な催しが繰り広げられるほか、期間中は県内各地で趣向を凝らした盛りだくさんの企画が展開されます。
古事記に描かれた神話の舞台・島根に根付く豊かな自然、伝統文化、人々のこころを体感する絶好の機会です。

会場イメージ画像
 

郷土芸能や創意工夫の舞台でしまねの魅力発信


しまね魅力発信ステージでは、島根の郷土芸能の魅力を伝えるショーや、全国の観光客に県民自らがおもてなしの心を伝えるステージを開催。
神々の国のおもてなしを体感していただける企画が目白押しです。
郷土芸能は、神楽や安来節、隠岐国分寺蓮華会舞などが日替わりで公演されます。
県民おもてなし劇場では、来場者の笑顔が自然とこぼれるようなステージを、県民自らが創意工夫を凝らして演じます。
そのほか、キャンペーン公式マスコットキャラクター「しまねっこ」が楽しいダンスを披露する「しまねっこステージ」、県内市町村が魅力的な観光情報をPRするステージもあります。
114日間の期間中、延べ約240団体の約700ステージが予定されており、県民の1%超にあたる延べ約8000人が出演する見込みです。

しまね魅力発信ステージスケジュール

最新技術の迫力映像で神話世界を再現

 

神話映像館では、古事記に記された神話の世界を最新の映像技術を駆使して再現します。
高さ3メートル、幅15メートルの国内最大規模の超ワイドスクリーンに、3台のプロジェクターを使いながら、実写とコンピュータ・グラフィックスを融合したオリジナル映像を映し出します。
出雲の地を守るため、怪物ヤマタノオロチに立ち向かうスサノオノ命の活躍など、スクリーンで繰り広げられるダイナミックな映像を通して神話の世界に足を踏み入れることができます。
映像では、ストーリーテラー役のスセリビメのナレーションを女優の浅野温子さんが担当します。

 

催し物イメージ図
●開館時間
午前9時30分から午後6時(7〜10月)
午前9時30分から午後5時(11月)

●上映時間
約20分(30分ごとの入れ替え予定)

●座席数約270席

チケットの価格等の画像
販売期間
【前売券】好評発売中〜平成24年7月20日(金)
【当日券】平成24年7月21日(土)〜平成24年11月11日(日)

前売券の取扱い窓口
●主要旅行代理店●ローソン●ファミリーマート●チケットぴあ
●山陰両県のJR駅みどりの窓口(セット券のみ)ほか

神話映像館入館方法
当日、会場チケット窓口(総合案内)にて上映時間毎の入場整理券が必要です。

チケットについてのお問い合わせ
(1)(2)神話博しまね入場券販売管理センター
TEL0852・22・0167[平日:午前9時〜午後5時]
(3)島根県立古代出雲歴史博物館
TEL0853・53・8600[平日:午前9時〜午後6時]※11月は午後5時まで

※詳しくは「神話博しまね公式ウェブサイト」をご覧ください。(外部サイト)

「神々の国しまね」宣伝隊長吉田くん
「神々の国しまね」宣伝隊長吉田くん(C)蛙男商会/DLE

「神々の国しまね」公式マスコットキャラクターしまねっこ
「神々の国しまね」公式マスコットキャラクター
しまねっこ


会場周辺イベント

神門通り交通広場

神々の都(まち)神門市


神々の地のグルメが大集合!
みんな食べにきてごしない!
地元の「食」や「農産品」を取りそろえた物産市を開催。
神々の地で生まれた味をどうぞご賞味ください。
寄って行ってください。
【日時】
7月21日(土)〜11月11日(日)間の土・日・祝日9時スタート
※8月11日(土)・12日(日)・10月8日(祝)は除く
【場所】
神門通り交通広場
【出店内容】
地元特産品など

【お問い合わせ先】
神々の国しまね実行委員会
TEL0852・22・6913

旧大社駅

古川誠写真展「出雲の神々」

古川誠写真展「出雲の神々」の写真
大正の和風建築で織りなされる神話の世界。
「出雲の神々」が、そこに、いる。
国の重要文化財「旧大社駅」で、出雲市出身の写真家古川誠氏による写真展を開催。
郷土を撮り続けてきたその眼には神々の地はどう映ったのか。
我が国を代表する木造和風建築を舞台に「出雲の神々」が降り立ちます。

【展示期間】
10月1日(月)〜11月11日(日)
【開館時間】
午前9時〜午後6時(10月)
午前9時〜午後5時(11月)
【観覧料】無料

【お問い合わせ先】
神々の国しまね実行委員会
TEL0853・53・8835
 

大社文化プレイスうらら館

和紙彫塑(ちょうそ)作家内海清美(きよはる)の世界「大元神楽と古事記」

和紙彫塑(ちょうそ)作家内海清美(きよはる)の世界「大元神楽と古事記」の写真
神楽の世界を創り出す。
和紙で繰り広げられる珠玉の作品展。
和紙の濃淡で表現される内海清美による大元神楽の世界。
今井美術館が所蔵する約60体の新作があなたの感性に問いかける。

【内海清美氏プロフィール】
内海清美氏の写真
1937年東京生まれ。
東京藝術大学美術学部工芸科卒業。
「平家物語」を250体の彫塑と背景で再現した空間物語作品「観●平家」が話題となり、
ルーブル美術館で行われた「世界の人形・今昔」展へ招待されるなど国内外問わず活躍。

【和紙彫塑(ちょうそ)って?】
ちょうその画像
ボディの骨格を針金で造り、綿花で量感を出して、和紙を着せかけた像。繊細で独特の世界観を醸し出す。


【展示期間】
8月30日(木)〜10月11日(木)
【休館日】月曜(祝日の場合は翌日)
【開館時間】午前9時〜午後6時
【観覧料】無料

【お問い合わせ先】
神々の国しまね実行委員会
TEL0853・53・8835
「神々の国しまね」公式マスコットキャラクターしまねっこの画像

藏の美術館(手錢記念館)

特別展江戸力その二「出雲と和歌」


藏の美術館(手錢記念館)
蔵に広がる芸術空間で稀代のコレクション展。

【蔵を活かした郷土美術館】
手錢家は明治維新まで造り酒屋を営み、代々の当主が漢詩、俳句、茶道、華道などを嗜んだことから、多くの美術品が収集されました。
美術館は手錢家の米蔵、酒蔵を改造したもので、郷土の美術・工芸品が展示されています。

【展示期間】
前期:7月7日(土)〜8月27日(月)
国造家(こくそうけ)、社家(しゃけ)の人々の歌詠(うたよ)み
後期:9月1日(土)〜10月29日(月)
杵築の人々の歌とくらし
【開館時間】
午前9時〜午後4時30分
【休館日】
火曜日(祝日の場合は翌日)
【観覧料】
一般:600円(500円)
高校生以下:400円(300円)
※()は20名以上の団体

お問い合わせ先
公益財団法人手錢記念館
TEL0853・53・2000

特別企画

神話ゆかりの地でデジタル掛け軸

「神々の国しまね」公式マスコットキャラクターしまねっこの画像
※日御碕神社楼門の写真(平成23年10月デモライブの様子)
※日御碕神社楼門(平成23年10月デモライブの様子)

キャンペーン期間中の特別企画として、県内各地の神話ゆかりの地や縁結びスポットで、
デジタルメディアを駆使して繰り広げるデジタル掛け軸(略称・DーK)のライブが開催されます。
DーKは、世界的なデジタルメディア・アーティストの長谷川章(はせがわあきら)氏が手掛ける光の芸術作品のことです。
日没後、複数のプロジェクターを使って建造物や自然をキャンバスに、色彩豊かな幾何学模様の光線を投影。
映し出される画像は刻々と変化し、見たことのない幻想的な空間を演出します。

スケジュール表画像
※三瓶小豆原埋没林公園は昼間に開催します※都合により、場所・日程が変更になる場合があります。最新情報は「神話博しまね公式ウェブサイト」をご覧下さい。(外部サイト)
 

学生さん必見入場無料企画


神話博しまねの開催期間に合わせ、県内の美術館や博物館では、高校生以下の入場料を無料にします。

対象施設


全国子ども神楽サミットin島根8月浜田で開催


神楽の写真
古事記編さん1300年を記念し、県内の子ども神楽団体と全国各地で神楽の継承活動に取り組む子どもたちが交流する
「2012全国子ども神楽サミットin島根」が8月18、19の両日、浜田市の石央文化ホールで開催されます。
小中学生を中心に構成する県内の11団体と、岩手や埼玉など7県7団体の計18団体が出演します。
開演時間は午前10時から午後5時30分まで。入場無料ですが、整理券が必要です。
問い合わせは、財団法人島根県文化振興財団(TEL0852・22・5503)まで。

 


詳しくは、観光施設やJR主要駅に設置してある神々の国しまね公式ガイドブックをご覧ください。
「神話博しまね公式ウェブサイト」も要チェック!
神々の国しまね公式ガイドブックの写真
http://www.shinwahaku.jp/(外部サイト)

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp