• 背景色 
  • 文字サイズ 

すくすく元気キッズ

子育て応援事業「こっころ」が5周年
こっころの画像

 

 

子育て家庭の支援を目的に、県が平成18年に開始した、子育て応援パスポート事業「こっころ」が5周年を迎えました。
「こっころ」は、妊娠中や18歳未満の子どもを持つ家庭を対象に、協賛店が提供する割引や景品プレゼントなどの特典が受けられるパスポートを交付する事業です。
この5年間で、パスポートの保有率は18歳未満の子どもがいる全世帯の8割に達しました。
協賛店も約2000店となり、その業種も小売りや飲食、理美容などさまざまなものとなっています。
協賛店のひとつで、県内にドラッグストア22店を展開する「ウェルネス湖北」(本部・松江市)は平成20年から、
パスポートを提示して赤ちゃん用品や日用品など500円以上の買い物をすると、来店回数に応じて30円から100円割引する「子育てスタンプカード」を独自に始めました。
子育て中と思われる方に、レジの店員が声掛けをしてパスポートの有無を確認するなど積極的に利用を促し、累計で約2万6千人が利用しています。
育児中のお母さんたちは「店員さんが必ず『こっころありますか?』と聞いてくれるのがうれしい」と話します。
同社の青山智(あおやまさとし)販促課長は「子育て支援の一助になれば」と話しています。


レジで「子育てスタンプカード」を提示する親子連れの来店客=松江市、ウェルネス湖北東津田店の画像
レジで「子育てスタンプカード」を提示する親子連れの来店客=松江市、ウェルネス湖北東津田店

お問い合わせ先
青少年家庭課少子化対策推進室0852・22・6475
詳しくは同課ホームページへこっころで検索の画像

 

 

おすすめの本司書のリレー紹介

「ぼくのブック・ウーマン」(さ・え・ら書房)
ヘザー・ヘンソン=文デイビッド・スモール=絵
藤原宏之=訳

昨年は国民読書年で、図書館をテーマにした作品がたくさん出版されました。
この作品は、80年ほど前のアメリカで、馬に乗って家々に無料で本を配って回る図書館員の仕事をもとにして作られた絵本です。
主人公のカルは高い山の上に住んでいるので学校へ通うことができず、字を読むことができません。
めったに人の来ないカルの家に、革バッグに本をいっぱい詰めてやってきた女性は、雨の日も霧の日も雪の日も馬に乗り、危険な山の上まで本を届け続けました。
カルは字を読めるようになり、雪に閉ざされる冬を、本を読むことで充実して過ごすことができたのです。
本の力を信じ、子どもたちに本を読ませたいと願った女性たちの勇気ある仕事は、今、アメリカだけでなく世界中の図書館員に引き継がれています。
私もまた、その1人として、子どもたちに本を届けていきたいと思います。


島根県立図書館司書専門員福田佐夜子さんの画像
島根県立図書館司書専門員福田佐夜子さん

 

 

島根県立図書館
住所:松江市内中原町52
休館日:毎週月曜日、第1木曜日、年末年始、特別整理期間(不定期)
問い合わせ:TEL0852・22・5733

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp