• 背景色 
  • 文字サイズ 

食で育てる

食で育てるの画像

料理をともに作り、食べる経験を通じて、子どもたちの心と体をはぐくみ、親子の絆を深めるのが「食育」です。
食事は毎日欠かせない人の営みだからこそ、その重要性が見直されています。
島根県が平成18年から行っている料理コンクールの受賞作の中から、地元で取れる食材を使って親子が一緒に取り組める食育料理を紹介します。

 

 

〜キャベツの卵焼き〜


キャベツの卵焼きの画像


田部智子さん(奥出雲町)考案した田部智子さん(奥出雲町)

我が家はキャベツとダイコンの専業農家です。
夕食のサラダで余った千切りキャベツを翌朝の卵焼きに混ぜて出来上がったのがキャベツの卵焼きです。
材料をみじん切りにすることで、ふわふわした口当たりのよい食感になり、食べやすくなります。
キャベツと卵、ダイコンさえあれば、その他はお好みで加えればよいと思います。
誰にでも簡単に作れる、おいしい朝食の一品料理です。ぜひお試しください。

材料(4人分)


材料の画像
キャベツ・・100グラム
エリンギ・・1本
ベーコン・・2枚
卵・・2〜3個
ダイコン・・適量
青じそ・・適量
しらす・・・適量
マヨネーズ・・大さじ1
しょうゆ(またはポン酢)・・大さじ1
油・・大さじ1

作り方


(1).キャベツを細かくみじん切りにします。エリンギとベーコンも同じようにみじん切りにします。
イメージ1

(2).ボールの中で卵を溶き、(1)で切ったキャベツ、エリンギ、ベーコンを入れます。さらにマヨネーズを大さじ1杯程度入れ、混ぜ合わせます。
イメージ2
(3).熱したフライパンに油をひき、(2)を流し込み、ふたをしてゆっくり焼きます。
片面が焼けたら裏返し、同じようにふたをして焼き上げます。少し焦げ目が付くぐらいに焼いた後、皿に盛り付けます。

(4).お好みで、しらすを混ぜた大根おろしを載せ、青じそを散らし、しょうゆやポン酢をかけて食べます。
イメージ3


お問い合わせ先
健康推進課
TEL0852・22・5685
FAX0852・22・6328

クイズ


★問題
水鳥などが生息する湿地の保全を目的に定められたもので、中海と宍道湖が平成17年11月に登録された国際的な条約とは何でしょうか。

「□□□□□条約」とお答えください。
(ヒントはこちらにあります)


■応募方法
はがきに、次の事項をご記入の上、お送りください。

(1)クイズのこたえ

(2)フォトしまねの読みやすさは?
(1つ選んでください)
(ア)読みやすい(イ)ふつう(ウ)読みにくい

(3)(2)の理由
(1つ選んでください)
(ア)文章(イ)レイアウト(ウ)写真・イラスト(エ)内容(オ)その他

(4)今回の記事で印象に残ったもの

(5)フォトしまねの感想
(今後取り上げてほしい記事など)

(6)ご住所・お名前・性別・年代(○歳代)・電話番号

■応募締め切り
平成23年2月15日(火)消印有効


■あて先
〒690‐8501
島根県広聴広報課「フォトしまねクイズ」係


■賞品
正解者の中から、抽選でプレゼントします。
島根のお米きぬむすめ

島根のお米きぬむすめ5キロ入り10名様

※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※いただいた個人情報は適正に管理し、目的外の利用はいたしません。





県政番組案内
県の施策や話題を分かりやすく紹介します


テレビ
「しまね情報どんぶり」(山陰放送、毎週(月)午後7時55分〜8時)
「しまねナビン島」(山陰中央テレビ、毎週(木)午後9時54分〜10時)


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp