• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立高等技術校を統合・再編します

島根県は、新卒者や離転職者向けに専門的な技術や知識、資格取得の訓練を実施する「県立高等技術校」を平成23年4月、現在の4校から2校に統合・再編します。
再編により、産業振興を担う人材の育成を促進し、より効率的で効果的な訓練を実施します。


県立高等技術校は現在、松江校、出雲校、浜田校、益田校の4校がありますが、来年4月に、松江校を出雲校に統合して「東部校」(出雲市長浜町)とし、
浜田、益田両校は、統合して益田市内に「西部校」(同市高津4丁目)を新築します。
東部校は、美容、自動車工学、住環境・土木、ものづくり機械加工、Webデザイン、ハウスアート、建築、介護サービスの8科の訓練科を設置し、
総定員は計145人。再編に伴い新設する「ものづくり機械加工科」では、県の産業振興の要であるものづくり技能者の養成を目指し、
旋盤やフライス盤、CAD(コンピュータ利用設計システム)などを使いこなし、高度な形状、精度に素材を加工する技術を修得します。
一方で、入校者や就職先の確保が難しい庭園技術科など一部の訓練科を廃止します。
また、新築する西部校は、敷地面積1万4千平方メートルに、最新の実習設備を備えた延べ約3200平方メートルの実習棟や管理棟を建設する計画です。
訓練科は、OAシステム、建築、機械加工・溶接、事務ワーク、総合実務の5科を設け、総定員は60人になります。
幅広い製造現場に対応できる技能者の育成を目指した「機械加工・溶接科」や、障がいのある人が、就職するために必要な知識やマナーを習得する「総合実務科」を新たに開設します。
県立高等技術校を統合・再編します
上:建設中の「西部校」の完成予想図
左:来年4月に松江校を統合して「東部校」となる出雲校


夢の実現に向け日々研さんを積む訓練生の声を紹介します

神門愛香(ごうどまなか)さん(23)●出雲校・美容科


美容院を切り盛りする祖母の姿を見て育ち、幼いころから美容師が憧れだったという神門さん。
今まで勤めた会社を退職し、今年4月に入校しました。
日々学ぶのは、パーマやシャンプーの技法をはじめ、衛生管理や保健栄養学、関係する法律制度まで多岐にわたります。
覚えることは山ほどありますが、「高度な施設が備えられているのに加え、講師の先生も熱心に教えてくださるため、非常に恵まれた環境」と張り切って授業に取り組んでいます。
出雲市内で半世紀近く美容院を営む祖母が理想像という神門さんは「地元の人に愛され、親しまれる美容師になりたい。地域に根付き、末永く美容師を続けたい」と、夢を膨らませています。
「地元の人に愛され、親しまれる美容師になりたい」と抱負を語る神門愛香さんの写真
「地元の人に愛され、親しまれる美容師になりたい」と抱負を語る神門愛香さん

昌子淳一(しょうじじゅんいち)さん(21)●出雲校・自動車工学科


高校卒業後、いったんは福祉の専門学校に進学したものの、「自分の進みたい道とは違う」と感じ、好きだった自動車の整備士へと志望を変更。
今年4月に入校し、専門的な知識と技能の習得に励んでいます。
1年次の現在は、エンジンや車体など自動車の基本的な構造や機能を、基礎からみっちり学んでいます。
幼いころ、父親の運転する車の助手席で、「なぜ車は走るんだろう」と疑問を抱いて以来、自動車に興味を持ち続けてきただけに、車のイロハを学ぶ日々は「楽しい」と言います。
昌子さんの将来の夢は「地元の自動車販売店に就職して、整備士として働くこと」です。
卒業時に受験する2級自動車整備士の資格取得を目指し、指先をオイルで真っ黒にしながら、訓練に打ち込む日々が続いています。
「好きな自動車のことを学べる毎日が楽しい」と訓練に励む昌子淳一さんの写真
「好きな自動車のことを学べる毎日が楽しい」と訓練に励む昌子淳一さん

東部、西部両校の募集概要の画像


お問い合わせ先

●出雲高等技術校TEL0853・28・2733
●益田高等技術校TEL0856・22・2450
●松江高等技術校TEL0852・21・3673
●浜田高等技術校TEL0855・27・0457


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp