• 背景色 
  • 文字サイズ 

なるほど!しまね学

盲導犬の仕事を知ろう

なるほど!しまね学
盲導犬(もうどうけん)使用者(しようしゃ)の方(かた)たちでつくる「島根(しまね)ハーネスの会(かい)」の皆(みな)さん。
盲導犬(もうどうけん)が社会(しゃかい)に広(ひろ)く受(う)け入(い)れられるよう呼(よ)び掛(か)けています


盲導犬(もうどうけん)は、視覚(しかく)に障害(しょうがい)のある人(ひと)の歩行(ほこう)を支(ささ)える
大切(たいせつ)なパートナーです。
浜田市(はまだし)にある財団法人(ざいだんほうじん)日本盲導犬協会(にほんもうどうけんきょうかい)
「島根(しまね)あさひ訓練(くんれん)センター」では、盲導犬(もうどうけん)の育成(いくせい)やPRに
取(と)り組(く)んでいます。
盲導犬(もうどうけん)使用者(しようしゃ)の皆(みな)さんが安心(あんしん)して暮(く)らすためには、まわりの人(ひと)の理解(りかい)が大切(たいせつ)です。
訓練士(くんれんし)の吉澤聡(よしざわさとし)さんに、盲導犬(もうどうけん)の仕事(しごと)について教(おし)えてもらいましょう。

吉澤聡さん
吉澤聡(よしざわさとし)さん

 

Q.
盲導犬(もうどうけん)を見(み)かけたら、どうすればいいの?

A.
犬(いぬ)に声(こえ)をかけたり、触(さわ)ったりしないで、見守(みまも)りましょう。
困(こま)っている様子(ようす)だったら、人(ひと)のほうに声(こえ)をかけて。
「盲導犬が一緒いっしょだと、世界が広がります」と浜田市在住の盲導犬ユーザー、野地土栄(のじつちえ)さん(右)
「盲導犬(もうどうけん)が一緒いっしょだと、世界(せかい)が広(ひろ)がります」と
浜田市在住(はまだしざいじゅう)の盲導犬(もうどうけん)ユーザー、野地土栄(のじつちえ)さん(右)

 

Q.
盲導犬(もうどうけん)はお店に入(はい)ってもいいの?

A.
飲食店(いんしょくてん)、ホテル、スーパーなどにも一緒(いっしょ)に入(はい)ります。
病院(びょういん)の中(なか)でも付添(つきそい)ます。
飲食店でも、おとなしく待ちます
飲食店(いんしょくてん)でも、おとなしく待(ま)ちます

 

 

Q.
乗り物(のりもの)も大丈夫(だいじょうぶ)?

A.
バス、タクシー、電車(でんしゃ)はもちろん、飛行機(ひこうき)の機内(きない)にも
一緒(いっしょ)に乗(の)ります。
車内では、座席の足元に
車内(しゃない)では、座席(ざせき)の足元(あしもと)に

 

Q.
盲導犬(もうどうけん)になる犬(いぬ)って、どんな犬(いぬ)?

A.
犬(いぬ)の種類(しゅるい)はラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバーが多(おお)く、1歳(さい)から約(やく)10カ月間(げつかん)、特別(とくべつ)な訓練(くんれん)を受(う)けます。
こうして、どんな場所(ばしょ)でも落(お)ち着(つ)いて仕事(しごと)ができる盲導犬(もうどうけん)としての能力(のうりょく)を身(み)につけていきます。
段差や障害物などの訓練に挑戦します
段差(だんさ)や障害物(しょうがいぶつ)などの訓練(くんれん)に挑戦(ちょうせん)します

 

 

 

地域の皆さんへ
障害のある人の自立と社会参加を助ける盲導犬などの補助犬は、
施設や公共交通機関での受け入れが、身体障害者補助犬法で義務化されています。
同伴に理解をお願いします。

 

 

 

島根あさひ訓練センターでは、盲導犬候補の子犬を育てるボランティア「パピーウォーカー」と、
盲導犬にならなかった犬を引き取る「キャリアチェンジ犬飼育ボランティア」を募集しています。
詳しくは日本盲導犬協会のホームページ(http://www.moudouken.net(外部サイト))をご覧ください。

 

 

お問い合わせ

県障害者福祉課
TEL0852・22・6527
ホームページ
https://www.pref.shimane.lg.jp/shogaisha/


島根あさひ訓練センター
TEL0855・45・8311
ホームページ
http://www.moudouken.net/(外部サイト)

 

 

 


お問い合わせ先

広聴広報課

島根県政策企画局広聴広報課
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp