• 背景色 
  • 文字サイズ 

学習時間選択制県立宍道高校(単位制)4月に開校

学習時間選択制県立宍道高校の写真
建設が進む宍道高校の校舎。赤茶色の壁、石州瓦の屋根といった特色を持つ(平成21年11月27日撮影)

生徒が主体的に学べる学校


県東部の4つの高校に併設されている定時制・通信制課程を統合し、平成22年4月に、県立宍道高校が開校します。
多様な学習ニーズ、生活スタイルに対応するため、生徒自ら時間割を組む「単位制」を導入するのが特徴です。
松江市宍道町の県林業技術センター跡地に、新校舎の建設が進んでいます。

 

特色
・自分の生活スタイルに合わせて、学習計画を自分で作る「単位制」です。
・所属する課程、部以外の科目を受講することができます。
・3年で卒業することも可能です


宍道高校は、松江工業高校の普通科(夜間部)、松江南高校宍道分校の家政科(昼間部)、
出雲高校の普通科(昼間部)の3つの定時制と、松江北高校の通信制を統合して開校。
県内で初めて、午前部・午後部・夜間部の定時制と、通信制を併置し、生徒それぞれのペースや興味に応じて学習内容を選べます。
定時制では、授業は少人数指導で、基礎学力の習得を後押しする入門科目を充実。
また、地域に目を向けた「出雲学」、敷地の畑で実習する「ガーデンライフ」といった、特色ある科目も予定されています。
通信制にも、入門科目を新設します。
両課程の施設はこれまで、全日制課程との共用が多く、利用時間などに制約がありましたが、
宍道高校は独自の校舎、体育館、グラウンド、テニスコートなどを整備。多目的ホールや、芝生の中庭といった、くつろげる空間も設け、
教育環境の向上を図ります。

 

 

 

 

真田直幸(さなだなおゆき)校長の話
従来の定時制、通信制の枠にとらわれない新たな教育的機能や教育環境を提供し、
生徒一人一人の学びを実現し、地域に開かれた学校の創造を目指します。


定時制課程90分授業通信制課程50分授業

 

 

■定時制課程定員160人
■通信制課程定員350人


●問い合わせ
県教育庁高校教育課
新設高校開校準備スタッフ
TEL0852・22・6721、6722

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp