• 背景色 
  • 文字サイズ 

学校読書や調べ学習に図書館を積極利用

●松江市立川津小学校


学校司書から図書館の利用方法の指導を受ける児童=松江市立川津小学校
学校司書から図書館の利用方法の指導を受ける児童
=松江市立川津小学校


貸し出しカウンターの前に行列をつくる子どもたち・・・。川津小学校の図書館は休憩時間、いつも大勢の児童でにぎわいます。
少子化で児童数は減っていますが、貸し出し冊数は、過去5年間で2・4倍も増加。
平成20年度は一人平均42冊もの本を借りました。
読書活動が盛んな理由の一つが、専任の学校司書の存在です。
4年前に着任した新泰恵(あらたやすえ)さんが、本の紹介方法や配置を工夫。
ブックトークや交流活動と絡めた「平和学習のためのブックリスト」の配布や「韓国の本コーナー」の設置、
季節や時事に合わせた本の展示など、子どもの関心がさまざまな本に向くよう取り組みを進めています。
ボランティアの皆さんと協力して、本棚やいすの模様替えといった「明るい図書館」づくりにも気を配ります。
同校では、本を活用した授業も活発。
年度初めには、学校図書館を利用する各教科の授業の年間計画を策定します。
教員のリクエストに応じて、学校司書が関連リストやコーナーを準備。
大豆をはじめとする食材の変化を学ぶ国語の授業など、多彩なテーマの調べ学習に、図書館の資料が有効に活用されています。
図書館と授業プランをコーディネートするのは、司書教諭の安部裕子(あべゆうこ)さん。
「図書館利用によって、子どもたちが調べ学習に積極的に取り組み、スキルを身につけながら、探求心を育むことができます」と話します。
松江市立川津小学校


公立図書館地域の読書拠点学校とも連携

●斐川町立図書館


選書について意見交換する学校司書と図書館司書=斐川町立図書館
選書について意見交換する学校司書と図書館司書
=斐川町立図書館


カーペット敷きの「おはなしのへや」や、赤ちゃん連れで気軽に来館できる授乳室、ベビーカーを整備するなど、
斐川町立図書館は、子どもたちが読書に親しめるように、さまざまな取り組みをしています。
中でも注目されているのは、学校図書館との綿密な連携です。
町内の小中学校全6校に配置されている学校司書は、身分は町立図書館に所属し、
定期的な研修会や町立図書館でのカウンター業務を通して、本や読書活動に対する専門知識を高めています。
1校1人しかいない学校司書は孤立しがちですが、ここでは情報を共有し、効果的な読書活動につなげています。
また、町立図書館にも、学校図書館担当の職員を置き、学校の依頼に基づく本の提供などの支援を行っています。
学校図書館と町立図書館は、蔵書データもネットワークで結ばれ、検索や貸し出しは統一システムを利用します。
学校の調べ学習を想定し、自然科学、職業紹介といった本は専用に確保しています。
これらの仕組みにより、学校との本の行き来は活発になり、年間約4000冊を学校に貸し出しています。
他にも、読書ボランティアとの連携、四カ月健診に合わせたブックスタートなど、さまざまな場面で子ども読書を普及する地域の拠点機能の役割を担っています。
斐川町立図書館


読書ボランティア読み聞かせで本の世界に誘う

●おはなしのへや(隠岐の島町)


ボランティアの読み聞かせに夢中で聞き入る子どもたち=隠岐の島町図書館
ボランティアの読み聞かせに夢中で聞き入る子どもたち
=隠岐の島町図書館

 

 

「大切なのは、姿かたちではありません」・・・。絵本の世界に子どもたちを引き込む、穏やかな語り口。
ボランティアグループ「おはなしのへや」は毎週土曜日、町立図書館で読み聞かせを行い、子どもに本の楽しさを伝えています。
西郷公民館の図書室を会場に、活動を始めたのが24年前。
図書館に来にくい遠方の子にも本に親しんでもらおうと小学校にも足を運び、現在は全11校で読み聞かせやブックトークを行っています。
保育所にも活動の幅を広げ、赤ちゃんのブックスタートでも本の魅力を紹介します。
定期的な勉強会を欠かさず、心を育てる質の高い本、楽しめる本、新たな発見がある本など、発達段階や場面に応じた本選びの重要性を学習しています。
秋庭ゆみ子(あきばゆみこ)代表は「選んだ本が子どもの気持ちと合うと、本の世界に子どもが浸っているのが分かる」と活動する喜びを語ります。
訪れた親子連れに目を配り、お母さんが上の子にゆっくり読み聞かせができるよう、赤ちゃんの世話を申し出る方もいて、あたたかい雰囲気に包まれています。
メンバーは、活動に共感した女性約15人。
5人の子の母親の永島千絵(ながしまちえ)さんも、子育ての合間に参加します。
家でも毎日、読み聞かせをする永島さんは「子どもをテレビなどのメディアに向かわせたくないと思い、始めました。本を通して母と子の触れ合いができれば」と願っています。
おはなしのへや(隠岐の島町)

 

 

読書活動の輪が広がっています

 

お問い合わせ先

●地域・家庭の読書活動については・・・

県教育庁生涯学習課
TEL0852・22・5429
FAX0852・22・6218
ホームページ
https://www.pref.shimane.lg.jp/shogaigakushuu/

県立図書館
TEL0852・22・5729
FAX0852・22・5728
ホームページ
https://www.pref.shimane.lg.jp/toshokan/


●学校図書館に関することは・・・

県教育庁義務教育課
TEL0852・22・6607
FAX0852・22・6026

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp