• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねブレーク地域の魅力発信

しまねブレーク地域の魅力発信ロゴ画像

松江市「姫神の湯」をブランド化出雲神話と温泉のコラボレーション

 

神在月に象徴される出雲地方は神々のふるさとであり、古事記の3分の1を占める出雲神話は日本中の人々に広く知られています。
松江市玉湯町では、自治会、観光協会、旅館組合、商工会などが集まり、玉造温泉の活性化策を相談する中で
「知名度の高い出雲神話を生かそう」、「各地の神話スポットとも連携できる」という案が浮上。
神話と美肌にちなんだ「姫神(ひめがみ)の湯」をキーワードとし、関連付けたハード整備に着手しています。
温泉街を流れる川沿いの小径は、八岐大蛇退治など、神話をモチーフにしたオブジェを点在させた「神話通り」に・・・。
来待石のアート灯籠(とうろう)を並べやさしい光で温泉街を演出・・・。
いろいろな夢を形にするため、毎月会合を重ね、議論を続けています。
今年6月には勾玉(まがたま)の浮かぶ手水鉢が、9月には国内でも有名な彫刻家である籔内左斗司(やぶうちさとし)氏の姫神像が完成する予定。
平成23年度まで、玉造には次々と面白いスポットがお目見えします。
ソフト面も工夫し、昔から信仰の対象だった玉作湯(たまつくりゆ)神社の真玉石(またまいし)と、特産の瑪瑙(めのう)を組み合わせた「願い石・叶(かな)い石」を発信したところ、大ヒット。
年間2万人が訪れる定番スポットになりました。
現在は「姫神さまのふりぃぺーぱー」の発行や、専門家の指導を受けた旅館スタッフが
美肌と健康に良い入浴方法を教える温泉ビューティーアドバイザーになるなど、一味違うPRにもチャレンジしています。
近年は、若い女性客も増え始め、新たな魅力の創出に、少しずつ手ごたえを感じています。
玉作湯神社に古くから祭られるパワーストーン「願い石」(写真右)。小さな「叶い石」を当てて、願い事を唱えます。近年は参拝客が絶えず訪れます
玉作湯神社に古くから祭られるパワーストーン「願い石」(写真右)。
小さな「叶い石」を当てて、願い事を唱えます。近年は参拝客が絶えず訪れます


大勢の参拝客が訪れるようになり、地元の掃除にも熱が入ります。写真は玉造自治会(小村安宏会長)の皆さん
大勢の参拝客が訪れるようになり、地元の掃除にも熱が入ります。
写真は玉造自治会(小村安宏会長)の皆さん

 

お問い合わせ先

松江市まちづくり推進課
TEL0852・55・5525
FAX0852・55・5658

 

 

邑南町中山間地域を元気にする仕組みづくり

邑南町では、過疎化や少子高齢化が進んでおり、将来、地域活動に支障が出てくると考えられます。
こうした見通しの中にあっても、地域が元気に活動していける仕組みをつくることが重要な課題になっています。
このため、昨年度から島根県の「中山間地域コミュニティ再生重点プロジェクト事業」を活用し、
阿須那(あすな)・市木(いちぎ)・日和(ひわ)の3地区で、住民主体となって中山間地域を元気にするための体制づくりを始めています。
取り組みの特長は、地域以外からの支援も加えた運営とすることや、調整役となる「地域マネージャー」を導入した点です。
中山間地域において地域の活動を維持していくためには、集落・自治会を基本とした住民の皆さんの主体的な活動はもちろんですが、
企業、NPOなどの団体、地区出身者、地域を応援して下さる方(応援団)など地域外からの力をうまく活用することが重要になります。
邑南町では現在、公民館の範囲を単位として、この組織づくりを推進しており、それぞれの地区では地域マネージャーを中心に、活動を実施しています。
各地区では、こうした仕組みを活用し、住民同士で話し合いながら中山間地域を元気にするための取り組みを進めています。
広島市などの都市の皆さんとの交流活動、地域のお年寄りの方が交流できる場所づくり、耕作放棄地など遊休地の利活用など、
活動状況はブログで紹介しています。

地域課題を話し合う日和地区の皆さんの写真
地域課題を話し合う日和地区の皆さん


プロジェクトを寸劇で紹介する市木地区の皆さんの写真
プロジェクトを寸劇で紹介する市木地区の皆さん

広島の親子を招いた、阿須那地区の田植え交流会。耕作放棄地を活用した田んぼのオーナー制度導入に向けての取り組みの写真
広島の親子を招いた、阿須那地区の田植え交流会。耕作放棄地を活用した田んぼのオーナー制度導入に向けての取り組み

■阿須那・YUTAかプロジェクトhttp://yutakaproject.blog59.fc2.com/(外部サイト)

■市木・安夢未(あゆみ)プロジェクトhttp://ayumiproject.blog44.fc2.com/(外部サイト)

■日和未来開拓プロジェクトhttp://hiwamiraikaitaku.blog77.fc2.com/(外部サイト)

 

お問い合わせ先

邑南町定住企画課
TEL0855・95・1117
FAX0855・95・0223

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp