• 背景色 
  • 文字サイズ 

県民ホットライン

県民ホットライン島根の県づくりについてのご意見ご提案をお寄せください


県民の皆様のご意見を反映した県づくりを進めるため、皆様からのご提案をお待ちしています。
ご住所・お名前を記入された方へは、直接ご本人へも回答することにしています。
なお、県政に関しないものや、ひぼう中傷などにはお答えできませんので、ご了承ください。

 

 

いただいた「ご提案」と「回答」

 

 

ご提案
 

農業について対岸貿易を県が先導役になって実施していただきたいと思います

回答>>

島根県では、関係者と一体となり台湾などで県産品の売り込みを図っています。


県では、「しまね農林水産物輸出関連対策事業」を実施し、関係者と一体となり台湾などで売り込みを図っており、
米、ブドウ、干し柿、牡丹など、輸出品目や販売額は着実に増加しています。
近年では、観光部門と連携した売り込みにより、県の知名度向上と県産品の一層の販路拡大に努めています。
また、浜田港を利用した「ロシア貿易促進プロジェクト」では、ロシア・沿海州地方への農産物輸出の取り組みを開始したところです。

台湾・台北市内の百貨店で開催した島根ぶどうの販売の写真
台湾・台北市内の百貨店で開催した島根ぶどうの販売

●お問い合わせ先
しまねブランド推進課
TEL0852-22-5632、5633
FAX0852-22-6859
[ホームページ]
https://www.pref.shimane.lg.jp/brand/

 

 

 


 

 

 

ご提案

早期に、県民へのPRをお願いします。

 

平成20年6月1日に施行された「改正道路交通法」によって、13歳未満の子どもの保護者は、子どもの自転車乗車時に乗車用ヘルメットをかぶらせるよう努めなければならないことになりました。早期に、県民へのPRをお願いします。

 

回答>年間を通し、いろいろな方法でPRを実施しています。


年間を通し、いろいろな方法でPRを実施しています。「改正道路交通法」の自転車乗用時の児童・幼児へのヘルメット着用については、各市町村教育委員会を通じて小・中学校などへ、
また、各県立学校に周知しています。
今年度、教職員を対象とした学校安全の研修においても、再度、改正内容などを周知するとともに、
PTAなどと連携した取り組みを展開するよう指導していきます。(教育庁義務教育課)

このほかに、県では道路交通法の一部改正について新聞広報を行うとともに、「交通安全県民運動」の年間の運動重点(6項目)の一つとして
「自転車の安全利用の推進」を掲げており、年間を通して幼児・児童のヘルメットの着用推進のPR活動を行っています。(地域振興部交通対策課)

●お問い合わせ先

教育庁義務教育課
TEL0852-22-6064
FAX0852-22-6026
[ホームページ]https://www.pref.shimane.lg.jp/gimukyoiku/

地域振興部交通対策課
TEL0852-22-5101
FAX0852-22-6511
[ホームページ]https://www.pref.shimane.lg.jp/kotsuu/

 

県政についてご提案をいただき、ありがとうございます。
●いただいたご提案と回答は、県広聴広報課のホームページ
https://www.pref.shimane.lg.jp/admin/seisaku/koho/hotline/に掲載しています。

 

次のことにご留意のうえ、皆さんのアイデアや夢のあるご提案をお寄せください。
・島根県政以外を対象としたご提案は、ご遠慮ください。
・他人の中傷や営利目的に使用しないでください。.
・1回の提案につき1テーマとし、300字程度で簡潔に記入してください。
・いただいたご提案については、匿名により県の広報誌・ホームページや新聞などに公表することがあります。

 

 

 

 

 

●ファックス・・・0852(22)6025広聴広報課県民対話室あて
●Eメール・・・teian@pref.shimane.lg.jp
●郵送・・・下記の用紙に記入のうえ、切り取って投函してください。
記入欄が足りない場合は、別の用紙にご記入いただき、封筒に同封し投函してください。

 

 

 

 

県民ホットライン申し込み用紙宛名面


県民ホットライン申し込み用紙内容面

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp