• 背景色 
  • 文字サイズ 

子育て支援のページ

子育て支援のページロゴ


子育てサークル

斐川こども応援団「てんとう虫」(斐川町)


竹を組んだ手づくりの滑り台で、一緒に楽しむ親子連れ=斐川町神庭荒神谷史跡公園北隣りの雑木林「てんとう虫の森」から、歓声がこだましています。
子どもたちが自由に野遊びを楽しめる里山プレーパークをと、町内6つある保育所の園児
の父親や賛同者187人が斐川こども応援団「てんとう虫」を結成。昨年秋から手弁当で
低木や草を刈り払って、夏休み中の7月末にオープンしました。
竹の節を一節ずつ削って磨いた滑り台では、親子一緒に滑り下りるほほ笑ましい姿も。
頂上付近に設けた展望ステージからは遊び場も見渡せ、格好のスポットです。
毎月第3土曜日には、公民館と連携し、楽しい催しがいっぱいのプレーパークの取り組みも行っています。
代表の原成実(はらなるみ)さん(41)は「各地の里山を活用して親子で楽しめる
プレーパークづくりを進め、将来はNPO法人化を」と、抱負を語っています。
竹を組んだ手づくりの滑り台で、
一緒に楽しむ親子連れ=斐川町神庭

 

 

 

【メモ】

連絡先
斐川町荘原2395-2
原成美さんTEL0853-72-1271

ホームページ
http://www.tentomusi.org/

 

 

 

マルハマ食品(浜田市周布町)

 

こっころカンパニーしょうゆやスープたれ類といった食品を製造し、全従業員の6割が女性のマルハマ食品。
藤澤久美子(ふじさわくみこ)さん(30)は、平成13年4月に入社して品質管理部に籍を置き、
製造過程や完成品の糖度・塩分などのチェックに目を光らせる毎日です。
平成18年秋から産前休暇に入り、育児休業を取得した後、長女が1歳の誕生日を迎えた日に職場復帰しました。
その間、復帰3カ月前から月1回のペースで行われた講習では、業務の変更点・新製品情報などを、
復帰後はそれらの実習や育児との両立などについて学びました。
「うまく職場復帰できるか不安もありましたが、受講することでスムーズに復帰でき、本当に助かりました」と喜んでいます。
濱修司(はまさきしゅうじ)社長は「食品会社はきめ細かな仕事が求められ、女性を主力として大切にしています。
今後も仕事と子育ての両立支援に向け、働きやすい職場づくりに努めたい」と話しています。

 

 

「受講することで、復帰に向けた不安も吹き飛びました」と、笑顔で語る藤澤久美子さん=浜田市周布町、マルハマ食品

 

 

 

主な子育て支援室

 

 

1.職場復帰プログラム:育児・介護休業取得者が職場復帰しやすいよう、業務内容に応じた個別講習を実施
2.結婚や出産、育児などによる退職者の再雇用制度

 

 

 

 

 

業種:食品製造業
従業員:286人(男性116人、女性170人)
TEL0855-26-0700


「受講することで、復帰に向けた不安も吹き飛びました」と、
笑顔で語る藤澤久美子さん=浜田市周布町、マルハマ食品

 

 

 



子育て支援
なるほどしまね学
みーもくんの冒険1
みーもくんの冒険2
みーもくんの冒険3
みーもくんの冒険4

 

この紙芝居「みーも君の冒険」は、島根県が開催している「ものしり出前講座」で紹介しています。また、お近くの図書館や、県庁林業課、隠岐支庁農林局、東部・西部農林振興センターなどでも貸し出ししています。ご希望の方はお問い合わせください。

 

●お問い合わせ先
島根県林業課
TEL0852(22)5170
FAX0852(22)6167

ホームページ
https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/ringyo/mizumori/mizumori/mi-mo_mori/

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp