• 背景色 
  • 文字サイズ 

NHK連続テレビ小説「だんだん」がスタート!!

松江城天守閣をバックに歌う田島めぐみ役の三倉茉奈さん(右)と、一条のぞみ役の三倉佳奈さんの写真
松江城天守閣をバックに歌う田島めぐみ役の三倉茉奈さん(右)と、一条のぞみ役の三倉佳奈さん

 

 

だんだんのロゴ9月29日(月)から放送される「だんだん」は、NHK連続テレビ小説で初めて島根県が舞台となる作品です。
県内では6月に、宍道湖や松江城、出雲大社などの各地で17日間にわたりロケが行われました。
ヒロインを演じるのは、「マナカナ」の愛称で知られる三倉茉奈(みくらまな)さん、三倉佳奈(かな)さん。
茉奈さんが松江育ちの高校生・田島(たじま)めぐみ役を、
佳奈さんが京都・祇園(ぎおん)の舞妓(まいこ)夢花・一条(ゆめはな・いちじょう)のぞみ役を演じます。
また、主題歌と語り(ナレーション)は、地元出雲市大社町出身の竹内まりやさんが担当します。
三倉茉奈さん、三倉佳奈さんに、島根ロケの思い出や島根の印象などを聞きました。

 

 

 

※だんだんとは、出雲地方の方言で「ありがとう」という意味です。

 

ヒロインインタビュー



島根ロケの感想から

茉奈さん
地元の人に温かく迎えていただき、またお天気にも恵まれ、まるで出雲の神様が見守ってくれているようで、感謝の気持ちでいっぱいです。

佳奈さん
京都・祇園の舞妓・夢花どす。島根で暮らしている役ではないのですが、会う人、会う人から励ましの声をかけていただき、
温かくすてきな街だなあ、と思いました。「だんだん」、「おおきに」

島根ロケの印象は

茉奈さん
食べ物はおいしいし、本当にいい所。「傘を買ったら晴れていた」というように、天気が変わりやすいのが面白いですね。

島根ロケでは、出雲弁の会話が多かったようですが

茉奈さん
出雲弁は難しくて、最初は困ったんです。でも、話してみると、丸みがあって温かい言葉ですね。
地元の皆さんがもっと使えば、絶対に全国にブレークすると思います。

撮影がお休みの日は?

佳奈さん
自転車を借りて、カラコロ工房の近くを回ってみました。
これまでは、京都が一番いいやーと感じていましたが、島根もいいなーと、思っています。

ストーリー


出雲大社境内で、二人が運命的な再会を果たすシーンヒロインは、産まれてすぐに離ればなれになってしまった18歳の双子の姉妹。
宍道湖のシジミ漁師の娘として自由奔放に育ち歌うことが大好きな高校生と、芸の道に打ち込む京都の舞妓。
そんな二人が、縁結びの神様・出雲大社で運命的な再会を果たし、
姉妹のきずなを深めながらデュエット歌手としてプロデビューし、スター街道を駆け上がっていく・・・
姉妹に生まれる固いきずな、家族やふるさとの人の輪へと広がっていく「縁結びの物語」です。
出雲大社境内で、二人が運命的な再会を果たすシーン


竹内まりやさんが主題歌と語り


「だんだん」の主題歌と語りを担当する竹内まりやさん番組の主題歌は、竹内まりやさんの歌・作詞・作曲による『縁(えにし)の糸』に決まりました。
「『袖振り合うも多生の縁』と古(いにしえ)からの伝えどおり・・・」で始まる歌詞には、
縁結びの地にふさわしく、人と人との出会いときずなが、明るく軽快に歌われています。
竹内さんは、「歌手デビュー30周年の年に、出雲で生まれ育った私が主題歌を歌う幸運も、
きっと縁結びの神様の粋なお計らい。だんだん!」と、メッセージを寄せています。
「だんだん」の主題歌と語りを担当する
竹内まりやさん

 

 

 

地元エキストラが大活躍
松江・出雲両市を中心に行われた「だんだん」島根ロケでは、地元の多くの人たちがエキストラや交通整理などに協力しました。
松江城でのコンサートを含め、延べ8日間エキストラ出演した島根大学ダンスサークルの中島智明(なかしまともあき)さんと山岡祐子(やまおかゆうこ)さんは、「『本番!』というかけ声を聞くたびに緊張した。テストを何度も繰り返して一つのシーンを撮っていく、スタッフのものづくりにかける思いや姿に感動しました」と、語りました。
通行人として出演した加藤幹久(かとうみきひさ)さん(31)は、「数年前まで京都に住んでいたので、何か縁を感じて応募した。スタッフの心遣いも行き届いていて、気持ちよかったですね」と、話していました。

●放送時間

[総合・デジタル総合]
(月)〜(土)午前8時15分〜8時30分

[衛星第2]
(月)〜(土)午前7時45分〜8時

[デジタル衛星ハイビジョン]
(月)〜(土)午前7時30分〜7時45分

 

●再放送

[総合・デジタル総合]
(月)〜(土)午後0時45分〜1時

[衛星第2]
(月)〜(土)午後7時30分〜7時45分
(土)午前9時30分〜11時(1週間分)

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp