• 背景色 
  • 文字サイズ 

松江市内道路の信号機について


 

【提案No.359】 12月9日受付

 

1 県道246号(八重垣神社線)と県道247号(八重垣神社竹矢線)が交差するコンビニがある信号交差点ですが、南進の場合に246号線の信号機とともに247号線の東進信号も視界に入ります。特に夜は周りの明かりが少ない地区のため瞬時の判断に迷う結果になります。(先日も交差点誤進入がありました)車両信号機の改良をお願いします。

2 松江市田和山町の書店前T字路交差点において9号バイパス側よりT字路へ進入する際にぎりぎりまで信号機の色が見えない仕掛けになってますが、何か理由があるのでしょうか?無駄な徐行運転にも繋がるので、理由がなければ通常タイプにしていただきたい。

3 同9号バイパス側道の上乃木9丁目付近の感知式信号が前後の信号と連動になっておらず円滑運行の障害である。(ここだけ黄色点滅から青に変わるとすぐに赤信号へとなる)他の信号同様前後の交差点と連動したタイプにしていただきたい。

 

 

【回答】 12月19日回答

 

1 県道246号と県道247号が交差する信号交差点につきましては、ご指摘にあるような状況を改善するため、必要となる機材の手配を行っており、準備でき次第改善しますのでご理解をお願いいたします。

2 松江道路高架下交差点に信号機を設置した際に、北進及び西進右折車両が、書店側交差点の赤信号を見て交差点内で停車する事態や北進車両が書店側交差点の青信号を見て松江道路高架下交差点の赤信号を無視する事態が発生しました。

 このような事態を防止するため、書店側交差点の信号灯器に視覚制限フードを取り付けておりますのでご理解をお願いいたします。

3 松江市上乃木9丁目付近に感知式信号はありませんので、ご指摘の信号は押ボタン式信号機のことと思われます。

 この場所の信号機を連動させると、押ボタンを押すタイミングによっては、歩行者の待ち時間が大変長くなることがあることから、車の円滑運行よりも、歩行者の赤信号待ち時間を短くし、歩行者が安全に安心して横断できること(横断歩行者の保護)を重視しております。この横断歩行者の保護の方針は、島根県だけではなく全国共通の方針であり、提案にあるような信号機の連動は行いませんのでご理解をお願いいたします。

(県警本部交通部交通規制課)

 

 

【その後の状況】(2012年3月15日回答)

1 県道246号と県道247号が交差する信号交差点につきましては、平成23年12月20日に機材設置が完了し、ご指摘の状況は改善しました。ご意見ありがとうございました。 

(県警本部交通部交通規制課)

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年12月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025