• 背景色 
  • 文字サイズ 

ケアマネージャー等への支援について


 

【提案No.240】9月26日受付

 

 私は今「メンタルケア・アドバイザー」をボランティアでやっています。各講座や講演等にも参加して勉強もしています。最近ある施設で働いているケアマネージャーの方から相談を受けました。患者さんのことを心配するあまりにマネージャーさん本人が少し「うつ」傾向になっておられ、仕事も「いまいち」になっている様です。せっかく良い仕事をされても心が病んでは何にもならないと思います。「スーパーバイザー」という形をとるようにしている所もあるそうです。このことをボランティアではなく1つの職業として立ち上げるということは目標とされていませんか?そういう養成講座とか、立ち上げられる環境等がありましたら、ぜひお知らせください。よろしくお願いします。島根県は高齢化が進んでいます。マネージャーとかホームヘルパーさんとかが益々必要とされる現場が増えてくると思います。

 

【回答】12月9日回答

 

 介護支援専門員(ケアマネジャー)は、利用者お一人おひとりの心身の状況を十分に把握した上で、その人に合った適切な介護保険サービスが利用できるよう支援することとしております。

 介護支援専門員が利用者に必要な支援をしていく上で困難な事例等、対応に困った場合は、主に、地域包括支援センター(※)の主任介護支援専門員が相談や助言等の支援を行っており、ご提案のありましたスーパーバイザーに相当する役割を担っております。

 この主任介護支援専門員は、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所等において従事しており、平成22年度末現在、県内に334名が養成されているところです

 県としましては、介護支援専門員に対する技術的な支援や相談対応については、引き続き、地域包括支援センターにおいて行うこととし、その機能が発揮できるよう、職員研修の実施等の必要な支援を行ってまいります。

 

※【地域包括支援センター】

 地域包括支援センターは、高齢者に関する医療や介護、福祉の身近な相談窓口として、県内全ての市町村に設置され、次のようなサービスを行っています。

 ○介護予防の推進(ケアマネジメントや介護予防事業の実施)

 ○総合的な相談・支援

 ○虐待防止などの権利擁護事業

 ○介護支援専門員(ケアマネジャー)からの相談への対応

 

 各地域の包括支援センターについてはこちらをご覧ください

 https://www.pref.shimane.lg.jp/life/fukushi/kourei/kourei_sien/csc/index.html

(健康福祉部高齢者福祉課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年10月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025