• 背景色 
  • 文字サイズ 

警察相談電話#9110について


 

【提案No.234】 9月7日受付

 

Q:警察相談電話♯9110について、もっと広報すべきです。 

 

 警察相談センターでは、心配事があったら一人で悩まないで、気軽に相談くださいということで、電話や面接により県民の皆さんからの相談に対応されています。

 特に日頃身近に起こるオレオレ詐欺、架空請求、児童虐待等の事件を起こさないためには、もっとテレビや新聞、広報誌等で呼びかけるべきです。

 

 

【回答】 9月16日回答

 

A: 新聞や広報紙での広報、チラシ配布やホームページへの掲載など、さまざまな方法で積極的に広報しています。

 

 警察相談センターの相談電話(#9110)については、これまで、地域情報紙や新聞での広告掲載、各警察署・交番・駐在所が作成する広報紙などで積極的に広報をしています。

 また、振り込め詐欺関連テレビCM放映時において相談先の電話として紹介したり、警察音楽隊定期演奏会のチラシ・プログラム・整理券へ掲載するほか、各種イベントでのチラシ配布、県警ホームページへの掲載などの広報をしています。

 今後も、県民の皆様の不安を解消するため、継続して広報を行っていきます。

(警察本部広報相談課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年9月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025