• 背景色 
  • 文字サイズ 

道路での遊びの禁止について


 

【提案No.233】 9月7日受付

 

Q.道路を通行するすべての者の安全の確保のため、自治会などを通じて道路上での各種遊びの禁止及び"遊びは公園等広場で"の徹底を提案します。

 

 道路は道路交通法により、「道路法 (昭和二十七年法律第百八十号)第二条第一項 に規定する道路、道路運送法 (昭和二十六年法律第百八十三号)第二条第八項 に規定する自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所をいう。」と規定されています。従って遊戯の場ではありません。

 しかしながら、子供たちを中心にして、近くに公園があるにもかかわらずそこではなく道路上でボール遊び等を行っています。 新興住宅団地は交差点が多く、人身事故も少なからず起こっている事実があり、それが近隣の人との事故であればその後のお付き合いも非常に気まずいものになります。保護者等がついていればよいのではという意見もわかりますが、民事上の監護責任はついてまわるので、完璧な監護責任を果たすのは無理だと考え、好ましいとはいえません。

 結論として、道路を通行するすべての者(車・バイク・自転車・障害者用車両等を含む)の安全の確保のため、自治会などを通じて道路上での各種遊びの禁止及び”遊びは公園等広場で”の徹底を提案します。なお、これは子供たちの遊びを否定するものではなく、とにかく誰もが安心して道路を利用できる環境にすべきであるという観点から提案したことを申し添えます。

 

 

【回答】 9月25日回答

 

 道路上での遊びは危険であるため、従来から「ボール遊び等の遊びは広場で」といった広報については、自治会・町内会で交番・駐在所だよりを回覧していただく等により行っています。

  今後とも道路利用者の安全を確保し、子供の「安全・安心」のためにも、引き続き学校や自治体、自治会等関係機関・団体と協力して県民の皆様に呼びかけてまいります。

(警察本部交通部交通企画課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年9月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025