• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立学校におけるグループ制について


 

【提案No.200】 8月17日受付

 

Q:県立学校の一部には、2グループ体制(事務)となっている学校があります。この2グループ制をとる基準は何でしょうか。

  これによって、同規模の学校間で事務職員数に2〜3名の差が生じていますが妥当でしょうか。

 

 

【回答】 8月24日回答

 

 県立学校の事務職員数については、法律により、学級数等に基づいて定数の標準が定められています。県では、この標準定数を勘案し、各学校に事務職員を配置していますが、標準定数は、定時制・通信制の併設や農業・工業等の専門学科の設置などにより変動がありますので、同じ規模でも学校間で事務職員数が異なることがあります。

 グループ制を採る基準については、明確なものはありませんが、事務職員数や効率的な業務体制の確保等を勘案し、必要に応じてグループを設置しています。

(教育庁総務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025