• 背景色 
  • 文字サイズ 

分煙化の推進について


 

【提案No.175】 7月17日受付

 

Q:島根県では分煙化が遅れているように感じます。 

 

 私は、益田市内に単身赴任中の者です。フォトしまね楽しく読ませていただいております。

 山口県や広島県と比べても、島根県の分煙化は20年程度遅れているように感じます。

 益田市内の食事をする所、ほとんどの所で、禁煙席と喫煙席の分煙化がなされていません。たばこを吸わない私たちが迷惑及び嫌な思いをさせられることがしばしばあります。

 県の指導の範囲外かもしれませんが、できれば条例等整備をお願いします。

 

 

【回答】 8月4日回答

 

A:様々なたばこ対策を進めていますが、公共施設における分煙化の推進については十分とは言えません。特に飲食店については、「たばこの煙のない飲食店」の登録を積極的に働きかけ、利用促進のPRを行っていきたいと考えています。

 

 県では、たばこによる健康への害を重視し、「未成年者の喫煙防止」「受動喫煙防止(分煙推進)」「禁煙サポート」「たばこの害に関する普及啓発」を4つの柱としてたばこ対策を行ってきました。

 これまでの取り組みによって、「小・中・高校生の喫煙経験率の半減」や「禁煙治療実施医療機関の増加」等の成果を挙げています。

 しかし、公共施設における分煙化の推進については十分とは言えませんので、特に、飲食店については、「たばこの煙のない飲食店(店舗内禁煙の飲食店)」の登録を積極的に働きかけ、利用促進のPRを行っていきたいと考えています。

 今後とも、条例の整備等も含めて、県民の皆様や医療機関等の関連団体のご意見をいただきながら、たばこ対策を進めてまいります。

 

(参考)「たばこの煙のない飲食店」の情報は、県庁健康推進課ホームページに掲載しています。

アドレス: https://www.pref.shimane.lg.jp/kenko/(平成21年7月現在166店舗)

(健康福祉部健康推進課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025