• 背景色 
  • 文字サイズ 

夏のボーナス支給について


 

【提案No.161】 7月6日受付

 

Q:県職員のボーナスは、 県内企業の給与を基に支給額を決定するべきだと思います。

 

 先日の新聞で県職員の方々のボーナス支給が載っていました。

 あまりの民間との差にびっくりさせられました。

 県(公務員)は通常の給与も民間に比べて多いのに、ボーナスがこんなに支給されるものなのでしょうか。

 民間では不況でボーナスもないような企業もあるのです。

 国に基づいて支給額を決定するのでしょうか?

 県職員は島根県民です。島根県内企業(中小企業も含め)の給与を基にするべきだと思います。

 冬のボーナスでも支給されない会社が多い島根県で、県職員のみがこんなに支給されるのは不思議でなりません。

 県職員の方々の仕事ぶりを批判するわけではないです。あくまでも県民との賃金格差をもう少し考えてほしいのです。

 

 

【回答】 8月4日回答

 

A:県職員の給与やボーナスについては、人事委員会が行う「職員の給与等に関する報告及び勧告」を受けて決定する仕組みとなっており、全体として県内民間事業所との均衡が図られています。

 

 県職員の給与やボーナスについては、人事委員会が、毎年秋に行う「職員の給与等に関する報告及び勧告」を受けて、決定する仕組みとなっています。

 人事委員会の勧告は、公民間の均衡を図るという考え方を基本として、県内民間事業所のうち、一定規模以上の事業所を対象として、公務と類似する業務等に携っている人への給与の支給実績を調査、把握した上で勧告が行われています。

 この夏のボーナスについては、全国的に民間企業のボーナスが大幅に減少する傾向にあることから、人事委員会が4月に県内民間事業所の臨時調査を行いましたが、未定としている事業所が多かったこと等により、同委員会としては臨時勧告を行わないこととなりました。

 例年、人事委員会では県内民間事業所の前年の冬とその年の夏のボーナスの支給実績を調査し、その結果等をもとに、県職員の給与やボーナスについて所要の勧告を行っています。

 これにより、夏及び冬に支給されるボーナスについては、全体として県内民間事業所との均衡が図られる仕組みとなっています。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025