• 背景色 
  • 文字サイズ 

スーパーはくとについて


 

【提案No.137】 6月24日受付

 

Q.スーパーはくとの運行を島根県内まで延長してはどうでしょうか?

 

 私は実家が大阪なので、帰省の際には伯備線を経由する特急「やくも」に乗りますが、正直に言ってあまり乗り心地は良くありません。

 一度、鳥取経由で特急「スーパーはくと」に乗って帰ったことがあるのですが、こちらの乗り心地は悪くなく、むしろ良いほうでした。 この「スーパーはくと」は倉吉まで運行しているそうですが、いっそのこと松江や出雲市まで延長すればどうでしょうか?

 延長ができなくても「スーパーはくと」と島根県内を運行する特急列車の接続を改善することは容易なはずです。岡山経由で新幹線を使うルートと少ししか時間が変わらなく、延長すれば乗り換えの必要もなくなるこのルートのほうが、便利だと思います。

 

 

【回答】 8月5日回答

 

A.ご意見についてJR西日本から以下のとおり回答がありました。

 

《JR西日本米子支社からの回答》

 

  平素からJR西日本をご愛顧頂きまして誠に有難うございます。

お客様の貴重なご意見を弊社として真摯に受け止め検討した結果についてお知らせ致します。

 

【在来特急列車の使命】

  先ず、在来線特急列車は、『松江と岡山』や『鳥取と三宮』や『松江と鳥取』など、主要都市間を高速で結ぶ、或いは『松江発岡山経由新大阪行き』や『鳥取発姫路経由品川行』など新幹線乗換駅にて大動脈である新幹線のぞみ等に接続し、都市間を高速で移動することを可能とするために設定致しております。

 

【やくも号、スーパーはくと号の使命】

  その中で、『特急やくも号については、島根県東部地区と岡山を結ぶ都市間特急として設定している列車で、山陽方面へのご利用はもとより、岡山駅乗換えにて京阪神・東海・関東方面及び広島・博多方面の新幹線等をご利用いただくため設定している特急列車』です。一方、『特急スーパーはくと号は、鳥取県東中部地区と京阪神地区の主要駅を結ぶ都市間特急として設定している列車であり、京阪神地区へのご利用はもとより姫路・新大阪駅乗換にて東海・関東方面の新幹線等をご利用いただくために設定している特急列車』です。

 

【仮にスーパーはくと号を松江等延伸した場合の影響】

  上記の各特急列車はそれぞれの輸送使命を基に運行区間を設定していることから、『仮に、特急スーパーはくと号を松江駅等まで延長運転をしようとする』と『特急スーパーはくと号の現行運行本数が確保出来なくなり』ますし、『現行の特急やくも号の輸送頻度を含めた輸送体系の見直しや米子〜出雲市間の普通列車等の運転時刻変更等が必要となり』特急スーパーはくと号を延長運転することによって、かえって山陰地区の鉄道の利便性が低下することになります。

 

【スーパーはくと号と山陰域内特急おき・まつかぜとのダイヤ連携の可能性】

  また、島根県内を運行する特急列車(特急まつかぜ、おき)と特急スーパーはくと号の接続改善につきましても、鳥取県中部地区の特に赤崎以東の方による特急スーパーはくと号利用を考慮し、倉吉駅にて普通・快速列車との接続を図っていることから、今後においても島根県内を運行する特急列車(特急まつかぜ、おき)と特急スーパーはくと号の接続改善を図ることは極めて困難です。

  また、仮に特急スーパーはくと号ルートで島根県内を運行する特急列車による接続が図れたとしても、松江から新大阪駅への所要時間は特急やくも号ルート利用の方が30分以上は短いですし、運賃面を比較しても、特急やくも号ルートの方が安価であることを考えると、現行の輸送体系でお客様にご利用頂いた方が良いと考えております。

 

【やくも号の乗り心地改善の取り組み】

  但し、特急やくも号は、お客様のご指摘のとおり、過去多くのお客様から『揺れるので酔う』『乗り心地が悪い』とのお声をいただいたことから、改善を図るために『線路の改良』や『特急やくも号使用の車両リニューアルをし、揺れを感じにくい頭を包み込むバケットタイプに座席を改良するなど「ゆったりやくも」として順次リニューアル車両を投入』致しております。

  お客様から頂いた貴重なご意見は今後の参考とさせて頂きます。今後ともJR西日本をご愛顧頂きますようお願い致します。

 

(参考)

松江から新大阪までの各ルートの所要時間と運賃(片道)比較

・やくも&新幹線のぞみ利用          所要時間 3:35     運賃 10,510円    

・スーパーまつかぜ・おき&スーパーはくと利用 所要時間 4:10(仮定) 運賃 11,290円

 

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025