• 背景色 
  • 文字サイズ 

県西部の医療について


 

【提案No.47】5月7日受付

 

Q:県西部にガンなどの専門病院を開設してください。

 

 医療について、特に県西部においては、病院はあっても、専門の病院があまりありません。特にガンとか慢性病の専門病院がありません。

 病院があれば安心して病院にかかれるし、本人にとっても、また家族にとっても心強いと思います。

 県民が安心できる病院体制の確立を目指して、ぜひ西部地域に専門病院の開設をお願いします。道路の新設も大切だと思いますが、病院の充実もお願いいたします。

 

 

【回答】7月24日回答

 

A:医師や看護師不足等医療を取り巻く環境が厳しいこと、特に県西部においては、現在ある医療機関の必要な診療機能の維持が危ぶまれる状況にあることを考えますと、がん等の専門病院の整備をすぐに実施するのは困難です。

 

 がん等の専門病院の整備については、医師や看護師不足等医療を取り巻く環境が厳しいこと、特に県西部においては、現在ある医療機関の必要な診療機能の維持が危ぶまれる状況にあることを考えますと、すぐに実施するのは困難であり、現状の限られた医療資源を機能の分担と連携によって、いかに有効に活用していくかが当面の重要課題であると考えています。

 県が昨年策定した島根県保健医療計画においても、がんや糖尿病、救急医療等について、圏域ごとに、初期の医療から入院を要する医療、そして高度・特殊な医療まで、それぞれの段階における役割分担を示し、それに基づき、各圏域で関係機関が話し合って連携の推進を図っています。

 県としては、今後も地域の医療体制の確保・向上を図るために、浜田医療センター及び益田赤十字病院など県内6つのがん診療連携拠点病院等に対する施設や設備の整備等の支援、島根大学や県立病院等との連携による医師や看護師等の確保に全力で取り組みます。

(健康福祉部医療対策課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025