• 背景色 
  • 文字サイズ 

ハローワークのあり方について


 

【提案No.182】 7月13日受付

 

Q:もっと真剣に求職者に対応するなど、求職者に優しいハローワークになってほしい。また駐車場も狭くて不便です。 

 

 職を失って改めて仕事に就こうと、ハローワークに通っている人達が大勢いる事は、テレビや新聞でも良く目にする。私も、子供を出産後、仕事を始めるためにハローワークへ通っていた一人です。

 産まれて一年足らずの赤ん坊を抱えてのハローワーク通いは、想像以上に大変なものです。

 たくさんの人達が順番待ちをしていて、自分だけ赤ん坊がいるからと先に順番を廻してもらう事も出来ないので何時間も順番待ちをする。時々赤ん坊がぐずって、母乳をやりたくても、その場所が無く車に戻って車内で乳を飲ます。やっと順番が廻ってきたかと思うと、こちら側の話をきちんと聞かずに「小さな子供がいる人は(職が)無いです」と、探してもくれない。おまけに、昼の休憩時間になると食事をとるため、さっさと居なくなるし、退勤時間にもまだたくさんの求職者がいるにも関わらず、さっさと帰り支度をするありさまです。

 昔からよく言われる、公務員の仕事ぶりそのものだと感じました。

 失業者がたくさんいる今、その分、求職者もたくさんいます。みんな、生活を支えるため、懸命になってハローワークを頼って行く人です。もっと真剣に接する事は出来ないのでしょうか?

 交替で休憩時間をとったり、人が多く残っている時は、少し残業してでも求職者のために働いてくれる気持ちはないのでしょうか?

 求職者に優しいハローワークになって欲しいです。もっと社員を増やして対応を良くする。真剣になって仕事を探す。小さな子供を抱えてやって来る女性に対しての思いやり(授乳室の設置やちょっとした遊べるスペース等)。また、出雲は駐車場があまりにも狭いし、土地も良くないので、他へ移転する事も考えてもらえないでしょうか?

 

 

【島根労働局からの回答】 7月24日回答

 

 ご意見をいただきありがとうございました。

 ハローワークは厚生労働省の出先機関であり、その管理機関である島根労働局からお答えします。

 まずは、小さなお子さん連れのご利用者に対する配慮がなかったこと、また、仕事の相談においても不十分な対応をしたことに対してまして心からお詫び申し上げます。

 ご存じのように、厳しい雇用情勢が続く中で、ハローワークを利用される方が非常に多くなっており、求人検索機器の利用及び職業相談につきまして順番をお待ちいただいている状況になっております。

 特に、ハローワーク出雲の場合は、築30年以上経過した庁舎で狭く、お待ちいただくにも座っていただくスペースも少ないという状況で大変ご不便をおかけしております。このことについては、二階の会議室の一部を事務所スペースにするなど、一階の職業相談窓口を増やし、待ち時間を少しでも短くできるよう準備を進めているところです。

 また、駐車場につきましては、ハローワーク出雲の道路を挟んだ向いの医師会館のご協力により駐車場を借り上げておりますので、そちらもご利用いただきますようお願いします。

 お昼の休憩時間についてですが、交代で休憩を取るよう全てのハローワークでシフト制を取っているところです。また、全てのハローワークで、17時15分まで相談受付を行い、全ての相談希望者が終わるまで職員による職業相談を行っているところです。ただし、非常勤の相談員につきましては17時までの勤務としていますのでご理解いただきますようお願いいたします。なお、ハローワーク松江では開庁時間の延長を行っており、平日は19時まで、土曜日は9時から16時まで相談いただくことが出来るようにしております。      

 次に、小さなお子さん連れのご利用者についてですが、松江駅西側の松江テルサ内に「マザーズサロン」を設置して、キッズコーナーや授乳スペースを設けるなどして対応しております。ハローワーク出雲にも「マザーズコーナー」の設置を検討しましたが、庁舎が狭くコーナーを設けることは断念したところです。こうした庁舎の状況があるため、庁舎の新築を厚生労働本省に要望しているところですが、昨今の財政事情から実現に至っていないところです。授乳時等のご不便をお掛けしている部分は、受付にお申し出いただければ、不十分ながら対応させていただきますので遠慮なくお申し出いただきますようお願いします。

 最後に、仕事の相談においても不十分な対応をしたことに対しましては、遺憾であり、以後このようなことのないよう指導・研修を実施し、ご利用者の立場に立ったきめ細かな、懇切、丁寧な相談を心がけて参りますのでよろしくお願いいたします。

 今後とも、ハローワークサービスについてお気づきのことがありましたら、ハローワーク又は島根労働局までご意見、ご提言をいただきますようお願いいたします。

 

(島根労働局職業安定課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025