• 背景色 
  • 文字サイズ 

高齢者の生きがいづくりについて


 

【提案No.173】7月15日受付

 

Q:高齢者が様々な活動に参加できるような環境づくりをしてください。

 

 ボランティアで公園の草取りをするとかゴミの分別をするとか、何でもいいと思うのですが、高齢者の一日の生活を充実したものにしてもらえたらと思います。子育てに悩む若いママ達の相談相手や、子供と一緒に遊んであげるなどすればよいのではと思いますが、どうでしょうか。

 

 

【回答】7月24日回答

 

A:県内各地の活動グループへの支援をはじめ、高齢者が地域で活躍できるような環境づくりに引き続き取り組んでいきます。

 

 高齢者がボランティア活動をはじめ様々な形で社会参加されることは、高齢者自身の生活の充実や生きがいづくりにつながるとともに、少子高齢化が進む地域社会を支えていくためにも大変重要なことですので、県としても、県内各地の活動グループへの支援をはじめ、高齢者が地域で活躍できるような環境づくりに引き続き取り組んでいきたいと考えています。

 ご提案いただいた子育て支援に関わる例としては、島根県老人クラブ連合会が「老人クラブの子育て支援事業」に積極的に取り組み、仲間と共に地域を支える活動を続けているほか、県内では数多くの中高齢者グループが「しまねいきいきファンド(外部サイト)」(島根県社会福祉協議会が実施)などの各種助成制度を活用した地域活動・生産活動を行う取り組みが進んでいます。高齢者が役割を持ち、仲間と交流し、適度に体を動かすことは、健康維持や介護予防の観点からも大切なことですので、各個人の状況や関心・興味に応じ、地域との関わりを広げていただければと思います

(健康福祉部高齢者福祉課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025