• 背景色 
  • 文字サイズ 

県の地方機関の事務所内への出入りについて


 

【提案No.167】 7月10日受付

 

Q.来訪者の事務室への出入りにあたっては、出入り口を少なくするか、カウンターを設けて許可制にした方が良いと思います。

 

 仕事柄、県の地方機関に出入りしておりますが、各地方機関によって、事務室内への出入りの許可について差があります。

 カウンター方式の所もあれば、自由に出入りできるところもあります。一応、事務室の出入口付近に「名刺等の配布や営業はお断り…許可なく出入りはご遠慮ください」と書いてあるわかりづらい看板はありますが、強制力は無く誰も守っていないようです。

 先日、浜田に打ち合わせに行った際の事です。私は廊下から近くの職員さんに声をかけた後、許可を得て入室し打ち合わせを始めましたが、事務室内では建設コンサルタント関係と思われる方が課長さんらしき人と雑談していました。そのすぐ近くでは、担当さんが建設工事の積算や資料づくりをしているようでした。

 この様な事は、情報漏洩や危機管理面で問題なのではないでしょうか。廊下近くにコピー機や設計書も置いてあります。民間企業の談合問題や官民癒着などに少なからずつながるのではないでしょうか。1Fの県民センターは、カウンター方式でした。出入り口を少なくするか、カウンターを設けて許可制にした方が良いと思います。

 

 

【回答】 7月14日回答

 

A.ご指摘のあったことについては、情報管理の徹底も含め、再度、職員への周知を図ります。

 

  事務室内への業者の方の立ち入りについては、情報管理などの点から職員に申し出ていただいた上で入室していただくよう制限しており、面談等が必要な場合においては、以下の対応を行うこととしています。

  (1)原則として事務室の一画などにもうけた面談コーナー等で行うこととし、事務机での打ち合わせ等は行わない。

  (2)打ち合わせ場所の不足等により会議室等で面談を行う場合は、複数の職員で対応する。

  なお、カウンター設置につきましては事務室内の空きスペースの都合もあり、直ちに設置することは困難な状況ですが、ご指摘のあったことにつきましては、情報管理の徹底も含め、再度、職員への周知を図ります。

(土木部土木総務課・農林水産部農林水産総務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025