• 背景色 
  • 文字サイズ 

県職員住宅の民間払い下げ、又は貸し出しについて


 

【提案No.162】 7月6日受付

 

Q:使用していない県有財産を有効利用してはどうですか。 

 

 大田市新諸友団地に県職員住宅四世帯用がありますが、以前からいずれも不在となっており、入口には黄色のチェーンが張ってあって立入禁止の措置がとられています。

 このような県有財産は、民間に払い下げるか、貸し出しをするなどして有効利用されたらいかがでしょうか。

 ご検討お願いします。

 

 

【回答】 7月10日回答

 

A:ご提案いただきました民間への払い下げを含め、今後検討をすすめることとしています。

 

 指摘の宿舎は、昭和56年11月に島根県食肉衛生検査所(大田市朝山町仙山)の職員宿舎として、大田市長久町長久高禅寺に完工した施設です。平成19年3月までは入居者が居ましたが、その後は、ご指摘のとおり空き家となっております。

 施設も完工から約30年経ち老朽化が進み、宿舎として使用するには大規模な修繕等が必要となっているため、その取り扱いについて、ご提案いただきました民間への払い下げを含め今後検討をすすめることとしています。

(健康福祉部薬事衛生課)

 

 

 

【その後の状況】 (2010年3月18日)

  

A:県の職員宿舎として、引き続き利用することとしました。

 

  ご指摘のありました島根県食肉衛生検査所の職員宿舎については、今後も同所職員の利用が見込めないことから、その有効活用を検討しておりました。その結果、必要最小限の修繕を行った上で、今年4月から大田警察署の職員宿舎として利用することとしました。

(健康福祉部薬事衛生課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025