• 背景色 
  • 文字サイズ 

県合同庁舎等の空きスペースの解消について


 

【提案No.156】 7月3日受付

 

Q:県合同庁舎の空きスペースを有効利用してください。

 

 平成18年4月の組織改編により、合庁内に空きスペースが生じています。(旧福祉センターも同様)

 これを早期に解消することが県施設の有効利用のためにも求められます。

 単独事務所の合庁への移転や県立学校事務センターの新設などの対策を早急に講じる必要があると思います。

 

 

【回答】 7月16日回答

 

A:今年度、各施設管理者との調整を行い使用希望者を募集する予定です。

 

 平成20年度に、行政財産の有効活用を推進するため、各合同庁舎・集合庁舎等において、空きスペースの実態調査を実施しました。平成21年度は、この調査結果を基に、各施設管理者との調整を行い、空きスペースの使用希望者を募集する予定です。

(総務部管財課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025