• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまね若者サポートステーションについて


 

【提案No.135】6月24日受付

 

Q.しまね若者サポートステーションについて教えてください。

 

 しまね若者サポートステーションというものができたそうですが、興味があるのですが、どういう人たちが行くべき場所なのでしょうか?どういうサポートをしてもらえるのでしょうか?来所からのだいたいの流れはどんな感じですか?30代後半でも仕事をしたことがあまりなければ利用可能でしょうか?精神病などで働きにくい人でもサポートしてもらえますか?

 

 

【回答】7月17日回答

 

A.概ね15歳〜39歳未満の方で、学校卒業、中途退学又は離職後、一定期間就業していない方を対象として、職業的な自立に向けた支援を行う機関です。

 

 しまね若者サポートステーションは、概ね15歳〜39歳未満の方で、学校卒業、中途退学又は離職後、一定期間就業していない方を対象としており、就業や社会参加できるよう、総合相談や心理カウンセリング、若者キャリア開発プログラム(職業講話、職場見学、職場体験、地域イベント・ボランティア参加、グループワークなど)を通じて、職業的な自立に向けた支援を行う機関です。

 本人又はその保護者の方が来所されたら、まずキャリアコンサルタントによる相談を実施し、就業に向けた様々な若者キャリア開発プログラムを作成し、実施します。また、利用者の状況に応じ、他の関係機関・団体へ紹介します。

 また、しまね若者サポートステーションでは、心理カウンセラーによる心理カウンセリングを行っていますので、心の病気や障害を抱える方の利用も可能です。

 

 開所時間、場所、問い合わせ先などは、ホームページ(外部サイト)を御覧ください。

(商工労働部雇用政策課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025