• 背景色 
  • 文字サイズ 

ブラックイルミネーション2009について


 

【提案No.125】 6月17日受付

 

Q:ブラックイルミネーションの取り組みについて広報してください。 

 

 夜8時から10時の間、ライトアップ施設や各家庭の灯りを消灯し、日頃の電気の使い方を見つめ直してみましょうという取り組みです。

 各市町村において、昼12時から1時までの休憩の時間に庁舎内の蛍光灯を消灯されているところがちょっと多くなってきましたが、夜は、特に家庭では、暗くなってから就寝まで灯りをつけておられるところがあります。

 夜はなにかと不便であり、できる限り灯りを点灯したり消灯することが必要です。そして新聞、テレビ、広報誌で呼びかけることが必要です。

 

 

【回答】 7月10日回答

 

A:新聞で広報したり、県内のライトアップ施設や家庭の電気を消していただくよう呼びかけを行いました。

 

 環境省の呼びかけにより、日頃いかに照明を使用しているかを実感し、日常生活の中で温暖化対策を実践する動機付けを与えることを目的とした「地球温暖化のためのCO2削減/ライトダウンキャンペーン」が、6月21日(夏至)の「ブラックイルミネーション2009」と7月7日の「七夕ライトダウン」を中心に全国で実施されております。

 島根県においても、ご意見をいただいた「ブラックイルミネーション2009」を始めとしてこのキャンペーンに参加することとしており、6月6日と6月19日の2回にわたり新聞広告を掲載し、県内のライトアップ施設などや家庭の電気を消していただくよう呼びかけを行ったところです。

 このほかにも、12月を「地球温暖化防止月間」、2月を「省エネ月間」と位置づけ、新聞、テレビなどにより各家庭における省エネ対策などの取り組みを呼びかける予定です。

(環境生活部環境政策課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年7月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025