• 背景色 
  • 文字サイズ 

NHKラジオ放送の受信について


 

【提案No.95】 6月1日受付

 

Q:私の住む地域では電波の関係でラジオ放送を聴くことが困難です。改善されるようNHKに要請してください。

 

 私は鹿足郡旧日原町青原添谷地域に住んでいますが、ラジオ放送を聴くことが電波の関係で困難です。何かの災害時でもラジオ放送に頼ることもあると思います。

 電波の届かない地域があることを認識し、県としてNHKにぜひ共要請して下さい。自宅でも番組を楽しみたいです。

 

 

【回答】 6月16日回答

 

A:ご提案の趣旨やお住まいの地区の状況をNHKに伝え、調査、検討を働きかけていきたいと考えています。

 

 NHK松江放送局によれば、県内のほぼ全域で良好に受信できるよう努めているものの、受信地の地形や外国波による混信等により、受信が困難な状況になることがあるとのことです。

 このような地域への対応としては、新しい中継局の設置や出力を上げることなどが検討されているとのことですが、周波数の空きがないことや混信等の問題により実現に至っていない状況のようです。

 同局においては、電波混信の少ないFM放送でのAM放送のカバーなど、受信環境の改善に向けた取組みも行われていると聞いております。

 ラジオ放送は、テレビ放送と並び、災害時などにおいて県民に的確な情報伝達を行う上で重要なメディアです。

 これまでも、テレビ・ラジオの難視聴地域を有する地元市町村などと連携し、放送事業者に対して難視聴の解消に向けた要請を行ってきたところですが、ご提案の趣旨やお住まいの地区の状況をNHKに伝え、調査、検討を働きかけていきたいと考えています。

 なお、津和野町においては、ケーブルテレビ・緊急告知端末による緊急情報の伝達が行われているほか、災害発生時には、AMラジオ、FMラジオ、テレビなども活用できる体制がとられています。

(地域振興部情報政策課、総務部消防防災課)

 

 

【その後の状況】 8月31日回答

 

 このたびのご提案を受け、県からNHK松江放送局へ現地調査を依頼しました。その結果によれば、昼間は益田第1(1341kHz)、益田第2(1539kHz)が受信可能です。また、夜間は混信により、益田第1、益田第2は受信状態が悪くなりますが、大阪第1(666kHz)福岡第1(612kHz)大阪第2(828kHz)熊本第2(873kHz)の受信状況が良くなるとのことです。

 同局においては、引き続き、難視聴の解消のために様々な検討がされていきますが、現状としては、夜間は県外の局を選択して受信していただきたいとのことです。

 県としては、テレビ・ラジオの難視聴地域が解消されるよう、引き続き、放送事業者に対して働きかけていきたいと考えています。

(地域振興部情報政策課)

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2009年6月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025