• 背景色 
  • 文字サイズ 

静間川の中州除去について


 

【提案No.297】 10月30日受付

 

Q:静間川と笹川の合流するところに中州ができ大きくなっています。早急に除去してください。 

 

 静間川と笹川の合流するところから300mくらい下がったところに、数年前から中州ができ、年々大きくなっています。

 当地は、水害常襲地帯で、昭和50年水害では私の家も床上1.2mまで水が来ました。

 こんな経験から、この中州が将来大きくなると、水害が更に大きくなるのではないかと危惧されます。

 調査の上、早急に除去して頂きたいと思います。

 

 

【回答】 11月10日回答

 

A:静間川の掘削等については平成17年度から行っています。

 

 ご指摘のとおり、治水上支障となる河川内の堆積土砂については取り除く必要があり、静間川においても土砂の堆積状況等の調査を行い、平成16年度から計画的に土砂の掘削を実施しています。

 笹川との合流点から下流については、平成17年度〜平成19年度にかけて約11,000m3の土砂の掘削を行っており、今年度は、笹川合流点付近の柳等の立木を伐採する予定としています。

 今後も、河川の巡視・点検を行いながら、治水上掘削等が必要な箇所については順次対応していくこととしていますのでご理解をお願いします。

(土木部河川課)

 

静間川概要図はこちらをご覧ください。 (Word:168kb)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年11月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025