• 背景色 
  • 文字サイズ 

県庁内の放送について


 

【提案No.107】 6月25日受付

 

 庁内で流れる放送内容ですが「冷暖房の開始」は毎回決まっている内容なので録音テープで充分だし「テレビの情報ナビの案内」は職員等は知ってて当たり前だと思うし、来客側としてはあまり放送に耳を傾けないのが現状で無意味に思えます。

 放送をする人の負担も軽くなるし廃止したらどうでしょうか。

 

【回答】 8月22日回答

 

 庁内放送では、定期的(同内容、同時刻)に放送するものは、放送設備の録音放送機能を活用し、自動化していますが、放送内容、放送時刻の異なるものは、この機能が利用できないため肉声により放送を行っています。

 ご提案のあった「冷暖房の開始」放送は放送時刻が不規則であり、この機能は利用できませんが、今後、不定期な放送についても、できるだけ業務の省力化が図られるよう検討を進めます。

(総務部管財課)

 

 広聴広報課では、現在、毎週水曜日と木曜日に、庁内放送で県政広報テレビ番組放映と新聞広報「県民だより」掲載のお知らせをしています。

 この放送は、庁舎に来られたお客様に番組等をお知らせし、多くの方にご覧いただくことにより、県政情報や各種イベント情報などを広くお知らせすることを目的に行っています。

 今後もより多くの方にご覧いただくために、庁内放送は継続したいと考えています。

(政策企画局広聴広報課)

 

【その後の状況】(平成21年8月6日)

 

 ご提案のあった「冷暖房の開始」放送については、今年度から一部自動化を行い、業務の省力化を図りました。ご提案をいただき、ありがとうございました。

(総務部管財課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2008年8月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025