• 背景色 
  • 文字サイズ 

家庭用指定ごみ袋について


 

【提案】 12月10日受付

 

 Q: 旧松江市の家庭用ごみ袋の使用期限を3月末までと区切るのは、無駄だと思います。  

 

 旧松江市の家庭用指定ごみ袋の使用期限が3月末までというのは、納得できません。

 旧松江市分のごみ袋を3年経過してもまだ使い残している人は大勢いると思うのに、また、改めて新しいごみ袋を買わせるのですか。

 せっかく買っておいたごみ袋を、ごみ袋として使わない方がもっと無駄だと思います。

 

【松江市からの回答】 12月19日回答

 

 A: 合併時よりごみ袋の有料化を行い、ごみ処理手数料のご負担をいただくことにしています。旧市町村のごみ袋は、新しいごみ袋に変えていただくまでの当面の間ご利用をいただいていましたが、平成20年3月末で全て切り替えをお願いします。  

 

 平成17年3月31日に旧松江市と旧八束郡の7市町村が合併し、新しい松江市になり、制度も新たになりました。

 ごみ袋についても、旧町村で実施されていた有料化を行い、平成17年4月から販売するごみ袋にはごみ処理経費の一部を加えました。これによって、購入することでごみ処理手数料を負担していただくことになります。

 合併時に持ち越された旧市町村のごみ袋は、新しいごみ袋に変えていただくまでの当面の間ご利用いただいていましたが、平成20年3月末をもって全て新しいごみ袋に切り替えていただくことにしました。

 お手持ちの旧市町村の指定ごみ袋が残った場合は、古着やシュレッダーごみを出すときや、濡れもの入れなどの袋としてご活用いただきますようお願いします。

 なお、松江市では平成22年度の新しいごみ処理施設の稼働に向け、ごみの新分別の検討や、減量・資源化など環境保全の推進に努めていきますので、ご解いただき、今後ともご協力をいただきますようお願いします。

 

(松江市リサイクル都市推進課)   

 

 

 


2008年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025