• 背景色 
  • 文字サイズ 

公用車のタイヤの交換について


 

【提案】 1月28日受付

 

  Q:公用車の一部を冬用タイヤに交換しないことにより燃料消費を節減できませんか

 

 温暖化で冬でも雪のない日が多い昨今、公用車のタイヤを一部替えないでおけば、天気にきめ細かく応じた運用ができるのではないでしょうか。全公用車が一斉に出動するという事態はまずないでしょう。その小さなリスクに比して、乾いた路面をスノータイヤで走ることによる燃料・タイヤのロスの防止、タイヤ交換が少なくて済むというメリットの方が大きいと思うのです。自県にも提案したのですが一蹴されてしまって。もし貴県で検討してもらえればと思うので、提案します。

 

 

【回答】 2月7日回答

 

 A:公用車は、県の多種多様な用務遂行のため、ほとんどの車両が毎日稼働している状況にありご提案のような運用は困難と考えます。

 

  公用車は、県の多種多様な用務遂行のため、出発時間、帰庁時間、用務先はそれぞれ異なりますが、ほとんどの車両が毎日稼働している状況です。このため降雪があれば結局タイヤ交換が必要となり、ご提案のような運用は困難です。

  公用車の稼働範囲は県下の広範囲にわたっており、降雪が多い地域も存在することから、この時期、運行途中で路面状況が一変する事態もしばしばあります。こうしたことから、安全運行確保のため、冬季には事前に適切な時期を見計らってスノータイヤに交換しています。

  なお、ご提案の趣旨である燃料の節減などにつきましては、環境への配慮の観点からもエコドライブの推進などに努めていますのでご理解いただきたいと思います。

(出納局会計課)

 

 

 


2008年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025