• 背景色 
  • 文字サイズ 

「竹島の日」の島根県の取り組みと情報発信について


 

【提案】1月23日受付

 

Q:「竹島の日」の2月22日は、島根県はどのような取り組みをされますか。竹島に関する情報をどんどん全国に向け発信してください。

 

 島根県の議会の竹島に対する取り組みについて共感します。県だけの取り組みでなく、国を挙げての働きかけを韓国、中国、ロシアにしていく必要があると思います。「竹島の日」の2月22日は、島根県はどのような取り組みをされますか。竹島に関する情報をどんどん全国に向け発信してください。

 

 

【回答】2月1日回答

 

 A:記念式典と領土問題講演会を開催し、竹島資料室で特別展示を1ヶ月間行う予定です。

 

 島根県では平成17年3月に議員提案により制定された「竹島の日」条例に基づき、竹島の領土権確立に向けた取り組みを行っています。

今年の2月22日は3回目の「竹島の日」であり、県では当日に記念式典と領土問題講演会を開催(入場は事前予約が必要)するとともに、竹島資料室で特別展示を1ヶ月間行う予定です。

 領土問題講演会では、外務省欧亜局長や在外大使を歴任された元東京経済大学教授兵藤長雄氏、竹島問題研究会の座長であった拓殖大学教授下條正男氏のお二人に、竹島問題を中心とした領土問題に関連する最近の動きについて講演をいただきます。

さらに、旧県立博物館の中に開設している竹島資料室では、常時、歴史資料などを公開するとともに、各種の広報啓発活動を展開しておりますが、「竹島の日」にあわせ、日本の領有の根拠となる江戸期からの絵図・地図の展示や、日韓で論点の異なる日露戦争と竹島に関連した展示などを1ヶ月間行います。

 なお、竹島問題に関する県の情報発信として、県のホームページにWeb竹島問題研究所を開設しており、研究スタッフによるこれまでの調査・研究や最新の論点や県の考え方などについて掲載しています。また、これらに対する皆様からのご意見を受け回答するコーナーも設けています。

竹島問題に対するご理解とご協力を引き続きお願い申し上げます。

(総務部総務課)

 


2008年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025