• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立浜山体育館(カミアリーナ)のトレーニング室について


 

【提案】 1月22日受付

 

 Q: 浜山体育館のトレーニング室は狭くて、使いにくいので改善してください

 

  浜山体育館のトレーニング室が狭く、使いにくいです。体育館だけでなく、陸上競技場のトレーニング室が物置き室になっているようです。競技場にも機材を置いて、トレーニングができるようにしてください。1種の競技場なのにトレ室がないのはおかしいです。

 

【回答】 2月6日回答

 

 A:浜山体育館トレーニング室の利用者一人当たりの広さは8.6m2であり、スペースは確保されていると判断しています

 

   一般的にトレーニング室の一人当たりの広さは4〜4.5m2が必要(日本建築学会編:建築設計資料集成)とされていますが、現在、浜山体育館トレーニング室の利用者一人当たりの広さは8.6m2であり、スペースは確保されていると判断しています。

  陸上競技場へトレーニング機器を設置した場合、利用者の安全を確保するための職員配置や新たな機器購入等など経費が掛かることから体育館のトレーング室のご利用をお願いしています。陸上競技場のトレーング室は、国際大会等の大規模な競技大会で大会規定に基づき使用しますが、通常の大会では利用者の利便性を考慮して選手の控え室としてご利用いただいております。また、競技大会が開催されていない時は、競技大会役員用の机や椅子の保管場所として使用しています。 

  なお、第1種陸上競技場に必要なトレーニング室については、浜山体育館の設備を利用することで(財)日本陸上競技連盟の公認を得ており、ご理解をお願いします。

 

 

 ※第1種陸上競技場

   日本選手権、国民体育大会、国際的な競技会を開催することができる日本陸上競技連盟公認の陸上競技場 

 

(土木部都市計画課)

 

 

 


2008年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025