• 背景色 
  • 文字サイズ 

教育委員会、県立高校での環境対策について


 

【提案】 2月6日受付

 

 Q: 地球温暖化防止のため、学校の教職員も環境に配慮した取り組みが必要だと思います。

 

 県のホームページで、環境対策をされていることは承知していますが、教育委員会や県立高校ではどのような取り組みをされているのですか。 

 学校の教職員は結構な人数がいると聞いています。そうした人たちも環境に配慮した取り組みをしない限り、効果は出ないと思います。ぜひ、地球温暖化防止のため小、中、高校の特に教職員の取り組みも必要だと思いますし、そうした取り組みが保護者や生徒に伝わっていくといいと思います。

 

 

【回答】 2月27日回答

 

 A: 県立高校においても、県庁全機関を対象とした「『環境にやさしい率先実行計画』(第2期)〜地球を守る県庁チャレンジプラン」に基づき、省資源・省エネルギーの促進に取り組んでいます。

 

 県立高校においても、県庁全機関を対象とした「『環境にやさしい率先実行計画』(第2期)〜地球を守る県庁チャレンジプラン〜」(※注)に基づき、学校で使用するコピー用紙や封筒、電気や燃料などの使用量を削減することによる省資源・省エネルギーの促進に取り組んでいます。

また、理科や家庭科などの授業では、温暖化やエネルギーといった地球規模の課題から、ゴミの減量、家庭排水の浄化などの日常生活での取組を幅広く取り上げ、多角的な視点から環境保護について指導しています。

 

※注)「環境に優しい率先実行計画」(第2期)〜地球を守る県庁チャレンジプラン〜

 県自らが、事業者・消費者として取り組む環境配慮のための実行計画であるとともに、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく、温室効果ガスの排出抑制のための措置に関する実行計画です。この計画は、平成17年度から19年度を前期、20年度から22年度を後期の計画期間として、県の事務及び事業により排出される二酸化炭素排出量を、平成22年度末までに平成15年度に比較して15%削減することを目標としています。

 

(教育庁高校教育課)

 

 

 


2008年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025